スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
ホテルの部屋は食堂の中 @ホテル・アトランティス in Austria
またも珍事はオーストリアにて。

これはウィーンにて宿泊したホテル・アトランティスの食堂の写真です。
おかしな点にお気付きでしょうか。よーーーーく見てください。
austriahotel1

写真中央に扉があります。従業員用の出入口かな?
私も最初そう思い素通りしました。

でもこの扉には、「219」って書いてあるんです。
奇遇なことに私の持っている鍵と同じ番号w

ホテルのこんなお部屋、見たことありますか???

ホテルマンに、
「こんなお部屋もあるんですね~~~びっくりしました^^」
と話しかけたら謝られました笑。

扉の前のテーブルで朝食中のご夫婦が目を丸くしました。
そりゃそーだw

まぁ住めば都と言いますか、
朝食はすぐ食べられるし中にさらに防音扉が付いていて意外と静かだったし、
面白い体験でした。


austriahotel2
オーストリア、ヨーロッパらしい街並みを残しつつ近代的で、素敵な場所でした。
本当ですよ。

austriahotel3
お土産屋さんにて。
“NO KANGAROOS IN AUSTRIA”
こういう茶目っ気も好きです。

スポンサーサイト
[2010/08/27 20:34 ] |    オーストリア | コメント(0) | トラックバック(0)
Sencha Senpaiの謎 @ホテル・ザッハー in Austria
オーストリアにて、本家本元のザッハートルテを食べました。

ザッハートルテは、1832年にフランツ・ザッハーという料理人が考案したケーキです。
次男がホテル・ザッハーをウィーンにて開業し、
そのレストランとカフェで提供され広く親しまれるようになりました。

senchasenpai1
ホテル・ザッハーのカフェの入口

senchasenpai3
本家本元のザッハートルテ
とても濃厚だけど甘すぎず、ふわふわの生クリームがさっぱりしていて、とっっっても美味しかった


ところで、
飲み物は何にしようかとメニューを見ていると、
ほとんどドイツ語名ばかりの中、
そこに、聞き覚えのある単語が・・・

「Sencha」=煎茶

「Senpai」=先輩?????

senchasenpai2

ウェイターさんに、これはどういうものかと聞きました。
「Japanese teaだよ」と言われました。
食い下がって、Senpaiはドイツ語かと聞きました。
「違う。Japaneseじゃないのか。」
・・・ダンケシェン。


となると、やっぱり“先輩”しかないですよね!?

どなたか、この謎の答えをご存知の方はいらっしゃいませんでしょうか。
色んな説を妄想してしまって、でもどれも全く説得力に欠け、謎は深まるばかり。

[2010/08/26 21:50 ] |    オーストリア | コメント(4) | トラックバック(0)


| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。