スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
観光バスツアー1 バース
バスツアーの最終目的地は、お風呂(bath)の語源とさている街、Bath バース

bath1
自然ばかりの風景が一変!車窓に突如現れた美しい街並み。
街だー!街だー!!

bath2
エイヴォン川には3つのアーチが素敵なPulteney Bridge パルトニー橋が架かり、
街中のあらゆる建物は特産のバースストーン色で統一。
バース、期待以上の美しさです。

bath3
観光の目玉、Roman Baths & Museum ロンドン浴場博物館
今回のバスツアーにはこちらへの入場が含まれています。入場後は自由行動。

bath4
現在入浴は出来ませんが、古代と変わらず温泉は湧き続けているそうです。

bath5
オーディオガイドによると、上のガイドブック等でよく見る大きなお風呂ではなく、
本当はこちらの小さなお風呂のお湯が源泉なんだとか。

bath6
bath7
展示エリアでは、
ローマ人がここに温泉地を建設した頃の貴重な資料を数多く見ることが出来ます。

オーディオガイドの説明を熱心に聞きすぎたせいか、
博物館の見学のみで時間切れ(スタミナも切れました^^;)。
欲を言うと、バースの街散策をもう少ししたかったなぁ~~~☆

ところで、バースあるいはローマへ行かれる前にこの↓漫画を読むと、
観光をより楽しめるのではないかと思います^^(結構クセがありますがw)
ローマ人の風呂技師さんが現代の日本のお風呂等にタイムスリップし、
ヒントを得てローマのお風呂を発展させていくお話です。

テルマエ・ロマエ II (ビームコミックス)テルマエ・ロマエ II (ビームコミックス)
(2010/09/25)
ヤマザキマリ

商品詳細を見る



もりもり盛り沢山な日帰りバスツアーでした!
満足



*******************************
ウィンザーバース・・ストーンヘンジ1日観光
詳細→ マイバス ロンドン

スポンサーサイト
[2011/02/15 21:55 ] |    Windsor・Stonehenge・Bath | コメント(2) | トラックバック(0)
観光バスツアー1 ストーンヘンジ
ウィンザー城をあとにし、バスはどんどん田舎道を進みます。
途中、牧場の羊・ヤギ・鶏・豚(!)等を多数目撃。
こういった景色を眺められるのもバス移動の楽しみです。

羊、かわいい~

また羊~

・・・あ!!

stonehenge1
羊の奥に見えるあれ、あれですよね!
Stonehenge ストーンヘンジ

日本で長らくブームの続いている“パワースポット”。
テレビで特集されたストーンヘンジを見た友人Mが大真面目に、
「あそこは本っっっ当にパワーがあるんだよ。科学的に証明されたんだから!」
と息巻いていたストーンヘンジ。

stonehenge2
写真から少しでも皆様になんらかのパワーがもたらされれば幸いです。

日本語のオーディオガイドを首から下げて、
解説を聞きながらストーンヘンジの周りをぐるっと一周。
とにかく、寒い・・・!
風が恐ろしく強いため、体感温度が劇的に下がります。

ストーンヘンジの周りは、本当に何もありません(羊が放牧されているのみ)。
永遠のテーマ、「何のために造られたのか」
ガイドさん曰く「1つだけはっきりしているのは永久に解明されないということ」だそう。
こういうのを考えるの好きです^^ ロマンを感じてしまう
でも実際に見て、感じても、何も思いつきませんでした。残念。
既に研究されていることの知識をもうちょっと蓄える必要があるようです。


バスツアーの次の目的地は、お風呂(bath)の語源と言われる街、バース。



*******************************
ウィンザー・バース・ストーンヘンジ1日観光
詳細→ マイバス ロンドン


[2011/02/14 22:06 ] |    Windsor・Stonehenge・Bath | コメント(0) | トラックバック(0)
観光バスツアー1 ウィンザー城
1月のある日。母とサカ君とともに。
ロンドンからバスで1時間弱、ウィンザー城のあるWindsor ウィンザーに到着です。

windsorcastletour5
圧巻・・・!
(が、写真には上手く納まらず><。全体像はなかなか撮れないようです。)

windsorcastletour1
女王陛下が週末を過ごす場所、ウィンザー城。
左側のラウンド・タワー上に掲げられた旗が王室旗のときは女王滞在中のしるし。
残念ながら、この日は英国旗。

windsorcastletour2
公式行事が執り行われる庭園。
ウィンザー城は、今でも現役活躍中の古城なのです。

内部を見学したのは、やはりこちらも現在も王室が利用している居住エリア、
また国賓をもてなす迎賓館ともなるステート・アパートメンツ
それはそれは豪華絢爛でした。
個人的に興味深かったのはクイーン・メアリーのドールハウスです。
花輪くんの家にもスネ夫の家にも、さすがにこの人形の家は無いだろうなぁ~
内部の写真を撮れないのが残念。。

windsorcastletour3
ウィンザー城にも衛兵がいて、(小規模な)衛兵交替式を見ることが出来ます。

windsorcastletour4
真ん中にぼんやり見えるのが、Eton College イートン・カレッジ
イギリスの私立の超名門校です。
テムズ川を挟んでウィンザー城の対岸にあります。
集合時間の決まっているバスツアーでは足を伸ばすことは出来ず。残念。
ウィンザーの街も、なんだか素敵な雰囲気でした。ゆっくり来るのも良さそうです♪


日帰り観光バスツアーの次の目的地は、究極のパワースポット★ストーンヘンジ。




*******************************
ウィンザー・バース・ストーンヘンジ1日観光
詳細→ マイバス ロンドン


[2011/02/13 18:03 ] |    Windsor・Stonehenge・Bath | コメント(4) | トラックバック(0)


| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。