スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
北ウェールズの有名鉄道 - チェシャー州旅行3
北ウェールズの行ってみたかった場所、2ヵ所目。
有名鉄道、Snowdon Mountain Railway スノードン登山鉄道です。
Snowdonia National Park スノードニア国立公園として保護されている広大な自然の中を、頂上目指して上っていく鉄道です。

景色が抜群!とのことなのですが、
お天気に恵まれることはなかなか貴重のようで。
私たちが行った日もお天気はあまり良くなさそうだったのですが、
せっかく北ウェールズに来たのだからということで向かってみました。
(カナーヴォンはもう満喫しきった感があったし・・・^^;)

ラピュタのお城のあったカナーヴォン(記事はこちら)から、
バスで約30分強、Llanberis スランベリスに到着。

northwalesrail1
これが、あの有名なスノードン登山鉄道!
想像していたより、もっとずっと小ぶりで可愛らしい列車でした♪

northwalesrail2
鉄道の中の様子。
この日の最終便ということで、乗客は少なめ。
景色に合わせて座席を移動できるくらいでした。ラッキー?!

northwalesrail3
羊たち。

northwalesrai4
グレーの空に時々雲の隙間が現れて、なんとも幻想的な光が射しました。

northwalesrai5
歩いても頂上を目指せるそうで、下山してくる沢山の人を見掛けました。

順調に登っていっていた鉄道ですが、
3分の2ほど来たところで車体が揺れるくらいの強風に見舞われました。
空模様もますます怪しい雰囲気。
鉄道は停止し、運転手さんたちは降りてどこかへ連絡を取りに行きました。
乗客の私たちは、会話はしないものの、皆そわそわ。
もしや、このまま立ち往生?!遭難??

風が少し弱くなるのを待って、鉄道は下山しました。
頂上には行けなかったけれど、十分楽しめたような気がします。
それにしても、山の天気は本当に変わりやすい!

・・・と思っていたら、列車を降りたあと間もなくして、
麓も雨が降り始めました^^;
列車が運行中止にならなかっただけでもラッキーでした☆

↓Snowdon Mountain Railway webサイト
http://www.snowdonrailway.co.uk/

northwalesrail6
スノードン登山鉄道の麓の駅のすぐ近くには、
もう1つ、Llanberis Lake Railway スランベリス湖鉄道の発着地点がありました。

こちらもかなり良さそう!
時間が合って、且つ天気も良かったら是非乗ってみたかったなぁ~

↓Llanberis Lake Railway webサイト
http://www.lake-railway.co.uk/


こうして、チェスターのホテルへと帰りました。
北ウェールズ大満喫の1日となりました^^

そして、翌日はいよいよ・・・




****************************

・チェシャー州旅行1(チェスター)→ 記事はこちら
・チェシャー州旅行2(北ウェールズ)→ 記事はこちら
・チェシャー州旅行3(北ウェールズ)→ 本記事
・チェシャー州旅行4(ダーズベリー村)→ 記事はこちら
・チェシャー州旅行5(ダーズベリー村)→ 記事はこちら
・チェシャー州旅行6(ダーズベリー村)→ 記事はこちら
・チェシャー州旅行7(ダーズベリー村)→ 記事はこちら



スポンサーサイト
[2012/05/13 12:07 ] |    Wales | コメント(2) | トラックバック(0)
ラピュタの世界へ - チェシャー州旅行2
チェシャー州旅行の続きです。

1つ前の記事(記事はこちら)に書いた通り、
チェスターはイングランドとWales ウェールズの境に位置しています。
というわけで、チェシャー州旅行2日目は、
足を伸ばして北ウェールズの行ってみたかったところ2ヵ所を目指しました。


1カ所目は、ジブリ映画「天空の城ラピュタ」に出てくるお城にインスピレーションを与えたと言われている、Caenarfon Castle カナーヴォン城

Chester駅からNational Railで約1時間、まずはBangor バンガー駅へ。

northwalestrip1
車窓はイングランドとはなんだか異なる風景。
とくに、山があるのと、時々現れるこのプレハブのような家(?)。

途中海も見えました。

northwalestrip2
Bangor駅からは、約30分バスに揺られてCaenarfon カナーヴォンへ。

バスの時刻表の文字がウェールズ語!
南ウェールズ出身の友達は、
「ウェールズ語は数え方ぐらいしか知らない」と言っていたけれど、
北ウェールズではもっと日常的に使用されているのかしら?

northwalestrip3
カナーヴォンは、とっても可愛らしい城下町。

northwalestrip4
お城間近!のこのカフェThe Bell Tower Cafeで軽いランチ。
パワー補給してからお城へ入ることに。

northwalestrip5
店内もまた可愛らしくて温かな雰囲気。
地元のご老人と思われる方々の憩いの場となっていました。

northwalestrip6
・・・ウェールズのトラディショナルな何かを頼んだのは確かなのですが、
名前も味もさっぱり忘れてしまいました。。
あぁもっと早くブログに残しておけば良かった><。

さてさて、それではいよいよ入城です!

northwalestrip7
このカナーヴォン城は、世界遺産に登録されているそう。
皇太子プリンスオブウェールズの戴冠式が行われるお城でもあるそうです。

が、それ以上に、"ラピュタの城"ということに興奮を隠し切れない私とサカ君!

northwalestrip11
ラピュタの映画の中で見た光景を見付けるべく、
迷路のようになっているお城の中を歩き回りました。

すると・・・

northwalestrip8
northwalestrip9
northwalestrip10
・・・まさしくラピュタの世界に迷い込んだかのよう

映画を観てから来ると、楽しみが倍増すること間違いなしです^^

さらに、たまたまかなり嬉しいサプライズに遭遇することが出来ました。
お城の見学中、上の方から爆音が聞こえてきました。
慌てて確認すると、なんとお城のすぐ上空にヘリコプターが。

northwalestrip12
どうやら、英国空軍による人命救助の訓練だったようです。
そして嘘か本当か定かではありませんが、
このヘリコプターのパイロットはウィリアム王子だったとか。

お城に接近し人を救出したヘリコプターは、
さながらシータを救出しに来たパズーとドーラのフラップターのようでした。


こうしてカナーヴォンを満喫し、次なる目的地に向け出発しました。






****************************

・チェシャー州旅行1(チェスター)→ 記事はこちら
・チェシャー州旅行2(北ウェールズ)→ 本記事
・チェシャー州旅行3(北ウェールズ)→ 記事はこちら
・チェシャー州旅行4(ダーズベリー村)→ 記事はこちら
・チェシャー州旅行5(ダーズベリー村)→ 記事はこちら
・チェシャー州旅行6(ダーズベリー村)→ 記事はこちら
・チェシャー州旅行7(ダーズベリー村)→ 記事はこちら




[2012/05/12 11:17 ] |    Wales | コメント(0) | トラックバック(0)


| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。