スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
Waitroseの宅配サービスに驚き!
いくつかのスーパーが
宅配サービスやオンラインショッピングのサービスを提供していますが、
高級スーパーチェーンWaitrose ウェイトローズもその1つ。

引越し後色々と生活用品やら重たい食材やら必要になったものの、
車のない我が家では、
Waitroseのオンラインショッピング&宅配サービスを使ってみよう!
ということになりました。

日曜日の夜。
まずはサイトで会員登録(サイトはこちら)。

そしてオンラインショッピング開始。
関連サービスとしては、
・店頭で自分で選んだ購入品を宅配してもらうサービス
・オンラインで購入して店頭で受け取るサービス
・オンラインで購入して宅配してもらうサービス
があるようです。
我が家は勿論3番目のサービスです。

ちなみに、
「生鮮品は質の良いもの・賞味期限の長いものを選んでくれるの?」
という疑問があったのですが、Q&Aを参照すると、
Waitroseのビジネスパートナーのスタッフが選ぶため、
客の満足を得ることはそのスタッフの評価となるので、
彼らは最も良いものを選ぶはず
」ということだそうです。
なるほど。一応納得感がありますね!

宅配してくれるのは総額50ポンド以上からです。
なので、一生懸命50ポンド以上になるように買い物しましたw
おかげで家の中は掃除用品やら諸々の備品だらけになりましたw
しばらくそういった類は買い物しなくて済みそうです。

さて。
驚いたのは、商品を選び終え、会計等の手続きを進めていたとき!
なんと、宅配の日時指定が、朝から夜まで1時間単位で選べるんです!!
日本だと当たり前のサービスかもしれませんが、
イギリスでは、これまでに時間が指定できたことなどありませんでした。
午前か午後かすら分かりません。
下手をすると日にちすらはっきりしない場合も。
しかも、再配達は基本的に有料なんです。
Waitrose、すごい!

・・・いやいや、喜ぶのはまだ早い、
本当に時間通りに届けてくれるのでしょうか?(あくまで信用していないw)

約束の火曜日朝10~11時。
時計が10時を指した瞬間、インターホンが鳴ったのです!
信じられなーーーい!
Waitrose、本当にすごい!!

どうして本業でないWaitroseにこれが出来て、
Royal Mailには出来ないのだろう???
スーパー業界は競争が激しいからかしら。

嬉しいサプライズ付きで、大満足の買い物となりました^^

50ポンド分も買うことはなかなかありませんが、
また必要が出たときには是非利用したいと思います☆

スポンサーサイト
関連記事
[2012/02/29 21:51 ] | ● ロンドン 生活お役立ち?情報  | コメント(0) | トラックバック(0)
英国でお勧めのテレビ番組ありますか?
Covent Gardenのマーケットの横では、テレビ撮影が行われていました。

poolepotteryfirsttime6

私は番組も出演者も知らなかったのですが、
沢山人が集まっていてカメラを向けていたのできっと有名なのでしょう。

帰宅後調べてみると、Channel5の「Kitchen Wars」という番組だと判明。
以下が番組の公式サイトです。
http://outside-org.co.uk/2012/01/marco-pierre-white%E2%80%99s-kitchen-wars/

普段あまりイギリスのテレビを観ないのですが、
27日21:00~22:00に放送されたBBC2の「The Tube」がなかなか面白かったです。
tubeはイギリスの地下鉄の愛称。
日常的にお世話にもなりイライラの原因にもなっている地下鉄の、
舞台裏を垣間見ることが出来ました。

番組内で、
「片道初乗り4ポンド?!高過ぎる!それなら走っていくよ!」
と怒鳴り散らしてチケットカウンターを去る旅行者が映りました。
そうなんです、イギリスの地下鉄運賃は高いんです!
Oyster Card(記事はこちら)を知らない渡英当初、
私もかなり驚き納得いきませんでした。
でも、Oyster Cardを使えば、実はかなりディスカウントされます。
日本からいらっしゃる方、
是非Oyster Cardをまず作ってからロンドンをお楽しみください^^

これまでずっと面白くないと決め付けていましたが、
もうちょっとイギリスのテレビにも注目してみようかな。

渡英後間もなく、
Channel4でアメリカドラマ「FRIENDS」を楽しんだことがありました。
記事はこちら

その他には、
BBC1の家のリフォームやアンティークのオークションの番組や(勿論ニュースもw)、
クリスマス前の料理や部屋を飾るクラフトの番組は楽しめました。

他にも、ちゃんと観たら面白い番組もあるのかも?!
基本の5チャンネルでオススメの番組がある方、是非教えてください!

関連記事
[2012/02/28 15:07 ] | ● ロンドン 生活お役立ち?情報  | コメント(4) | トラックバック(0)
Poole Potteryの花柄のシリーズ
Covent Gardenのアンティークマーケット(記事はこちら)での出会い☆

poolepotteryfirsttime1
poolepotteryfirsttime2
poolepotteryfirsttime3
Poole Potteryの、手描きの花柄のシリーズです。
形が個性的なのもその特徴☆

Twintone ツイントーンという2色のシリーズが人気のPoole Potteryですが、
私はこの花柄のシリーズがツボ
厚みがあって丸っこい形と手触りに、手描きの明るい花柄、
なんて温かい

以前にもマーケットでPoole Potteryの花器を見たことがあり、
直感的に気に入りました。
でも当時は引越し前で割れ物は控えており、また、
まだPoole Potteryの名を知らなかったため購入に値するか判断がつかず、
買いませんでした。

そのとき覚えて帰ったメーカー名をネットで調べたところ、
1873年、イギリスはDorset州のPooleという地方で誕生した、
由緒あるメーカーであることが判明。
以来、次回どこかで出会ったら是非お持ち帰りしたいな♪と思っていました。

poolepotteryfirsttime4
3つとも、底の裏にはPoole Potteryの刻印。

ストールで見た瞬間、これはあのシリーズ!とぴんときましたが、
手に取り裏を見て確認。やった♪
金額は安くはないものの、
カーブーツや郊外でのアンティークマーケットに行く機会のなかなかない私は、
手間隙やエントランスフィーがかかっていないことを考えたら、
まぁ納得できる金額でした。それに3つセットで2ポンド安くしてくれました♪

poolepotteryfirsttime5
心の中でニマニマしながら戦利品とともに昼食。
隣の椅子の上のビニル袋の中に3つが入ってますw

食べ物が美味しいのもCovent Gardenマーケットの嬉しいところ☆
周りに良い香りを漂わせていたパエリア。やっぱり美味しかった^^
しかも丁度ヴァイオリンの4重奏や、トランペット等のバンド演奏が行われていて、
生演奏をBGMにランチを頂くことができました。

ニマニマw

関連記事
[2012/02/27 13:15 ] | ● ロンドン マーケット・フェア  | コメント(0) | トラックバック(0)
World Book Day - イギリスの場合
外を歩いていると、とある書店のショーウィンドウ内にアリスを発見!!

worldbookdayalice1
worldbookdayalice2
子どもの手描きで可愛い

なんのイベントだろう?と説明を探すと、
World Book Day - Book cover designs by pupils」
とのこと。

World Book Day???
家に帰って調べてみると、
UNESCOによって定められた世界的な読書/図書の日で、
日本でいう4月23日の「子ども読書の日」に相当するようです。

イギリスでは英語名のWorld Book Dayのままなんですね。
でもでも、イギリスの公式サイトを見ると、
どうも日にちは2012年3月1日
それ以外の概要はUNESCOのそれと同じように見えるのに・・・
なぜ???
4月23日という日にちには世界的にちゃんと意味があるんです。
なぜ3月1日なのか、ご存知の方いらっしゃったら是非教えてください!


英国World Book Day公式サイト: 
http://www.worldbookday.com/about/


小さなお子さんがいないとあまり関係ないかもしれませんが、
World Book Dayには様々なイベントが行われるようです。

18歳までの幼児・児童・生徒たちにはトークンが配られ、
そのトークンを書店に持っていくと、
指定の図書の中から好きな1冊を無料でもらえたり。
または1ポンド割引券として使って好きな図書を買えたり。
国中のかなりの書店が協力するようですが、
以下のサイトで協力店を検索することが出来ます。
http://www.booksellers.org.uk/World-Book-Day-Search.aspx

他にも、
iPhone、iPad、iPod Touch用のアプリが登場するそうです。
携帯端末上でショートストーリーを読めたり、
iBookstoreにて催される生中継の著者イベントを観覧できたり。

オンラインフェスティバルも開催されるそうです。
レジスターしておけば、
作家と画家によるイベントをコンピュータを通して見られるようです。

「紙か電子か」「子どもは紙媒体を」と主張するのではなく、
時代の流れを読んで、柔軟に読書/図書の促進を図ろうと、
新たな試みをしているところにとても好感が持てます^^

そして、私が1番注目してしまったイベントは、
Storytelling Superstar
なんと、UK1のストーリーテラーを決定するそうです!
誰でも参加可能で、方法も簡単、
1~2分の読み聞かせ映像を自分撮りして、
専用のアカウントでYoutubeにアップするだけ。
審査員にはなんと、グラファロシリーズの著者Julia Donaldsonの名もあります☆
司書の血が騒ぐ~と思ったのですが、
残念ながら応募は2月12日で締め切られていました。w

日本でも、こんなイベントがあったら面白そう!
子どもたちへの読書/図書促進だけでなく、
司書やその他本に関わる人たちの能力向上や、
業界全体の活性化にも繋がるんじゃないかなぁと思います。


worldbookdayalice3
子どもたちの手作りブックカバーの下には、
様々な図書もディスプレイされていました。

この中にアリスが入っているところが、
やっぱりイギリスだなぁ~と嬉しくなってしまいます^^


3月1日、子どもはいないけれど楽しみ♪


関連記事
[2012/02/26 18:20 ] | ● 不思議の国のアリス  | コメント(0) | トラックバック(0)
アンティーク、売ります買います
今日は1日中澄みきった青空だったロンドン
こんな土曜日、出掛けないのはもったいない!

というわけで、
久々にPortobello Marketポートベロー・マーケット記事はこちら)へ♪

Notting Hill Gate駅からマーケットへと向かう道すがらにも、
気になる路面店が実は色々とあります。

antiquessell1
このアンティークショップもその1つ。

よく見ると、お店の名前の横に小さく「BUY SELL TRADE」の文字。
BUY???
アンティークの買い取りもしているということ?

antiquessell2
店先のショーウィンドウには日本人にも人気のHORNSEA ホーンジーを発見。

これは、目の保養になる商品が何かあるかも
と思い、中へ入ってみました。

すると、お店の奥のカウンターに鞄から取り出した食器を次々と置いていく男性と、
カウンター内でそれらを一点一点吟味していく女性。
そして一通り見終えた女性が、「これは全て2ポンドで・・・」と話し始めました。

どうやら、ちょうどアンティークの買い取り中のようです

私は初めて見た光景なのですが、よくあるものなのかしら?


そうそう、話は変わって、
今日は駅前のBoots(大手チェーンの薬局)でこれ↓を入手してから散策を始めました。

antiquessell3
アンティーク・マーケット時の必須アイテム、hand gel
(と、お友達から教わりました^^)

いわゆるあのアライグマのジェルのようなものですね!
古い物・色んな人が手に取った物にいっぱい触れるので、
アンティーク・マーケットを楽しんだ後には手のお掃除が大切です☆

今日は結局収穫物はなしw
でも、新しい住まいにどんなものを置きたいか、
大分イメージが掴めてきました^^
何より、沢山のガラクタとお宝と綺麗な青空が目の保養になりました。

関連記事
[2012/02/25 22:54 ] | ● ロンドン マーケット・フェア  | コメント(0) | トラックバック(0)


| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。