スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
イギリス人のお友達とLanguage Exchange
IIELの制度を利用して、Language Exchangeを始めました。
Language Exchangeとは、
お互いの学習のためにお互いの言語をギブアンドテイクすることです。

私のお相手は、英語が母国語で日本語を勉強中のイギリス人の女性S。
日本で2年間暮らしていたそうで日本語での日常会話はとても上手です。
会話に比べ読み書きが苦手なため、とくに漢字を勉強中なのだそうです。
なので私と一緒のときにも、主に漢字の練習。

私は、読み書きに比べて聞く話すが苦手です。
なので、Sとは英語での会話の練習を主にしてもらっています。
毎回、前半が英語で1時間、後半が日本語で1時間という感じです。

Sは日本で英語を教えていたそうで、私の間違いを上手く正し、
会話を上手くリードしてくれます。これは、とてもラッキーなことです。

学校を通じてということで安心して連絡を取り合えましたが、
Language Exchangeには時々落とし穴もあるようで。
英国にただ住んでいるだけではイギリス人の知り合いなんてできないし、
英語も信じたくないほど上達しません。
「このままじゃイヤだ!」と思った外国人に「英語教えてあげる」と近付いて、
悪さする人が中にはいるらしいのです。気をつけなくては★

↓この間、Sがクリスマスカードをくれました
christmascardkitty1
こちらの習慣に倣って、クリスマスまで部屋に飾っておこうと思います。
お返しに、クリスマスカードに加えて年賀状も渡すつもりです。

Sは勿論日本人にウケると思ってこのカードを選んでくれたようで、
街中でそれほど沢山キティちゃんのカードを見掛けるわけではありませんが、
それでもキティちゃんはイギリスでもなかなかの人気者
キティちゃんグッズを身に付けている女の子を時々目にします。

毎回、Language Exchangeの時間がとても楽しみです。
正しい日本語を使わなくては、日本語をきちんと教えなくては、
というプレッシャーもなかなかのものですが^^;
関連記事
スポンサーサイト
[2010/12/06 23:52 ] | ● 児童英語教師養成課程@London | コメント(0) | トラックバック(0)
<<だまし絵いっぱいPainted HallとChapel @グリニッジ | ホーム | LBS前のインド料理屋さん>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://smilemixlibrary.blog28.fc2.com/tb.php/118-c194a37e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。