スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
スイス・ギリシャ・ハンガリー・オーストリア・チェコ その3
引き続き、この1カ月内に訪れた5カ国について、横の視点でまとめてレポートしようと思います。
その3は、各国の代表的な食べ物

【チューリッヒ/スイス】*********************************************
●チーズフォンデュ
(画像なし チーズフォンデュ専門店の前まで行ったのですが、あまりのにおいのキツさに挫けて断念してしまいました。。。)

スイスの料理は、、、う~~~ん。という感じです。
何より物価が高いんだもの!それにメニューに英語表記がなくて写真もなくて、よく分からず頼んでしまっていたし。
満足感の問題ですね。

【アテネ/ギリシャ】*********************************************
greecefood1
●ホリアティキ・サラダ(グリーク・サラダ)
水気の少ないスカスカした感じのヤギのチーズ、フェタチーズが特徴です。
ギリシャの料理には、トマトとキュウリ(日本のものより大味)がとてもよく使われています。
全体的にヘルシーでした。現地の方にメタボ体型が少ない(主観ですが)のも頷けます。

greecefood2
●ムサカ
一番気に入ったギリシャ料理です。グラタンに似ています。
上はホワイトソース、下は挽き肉・茄子・ジャガイモ等をトマトソースで味付けしたものを重ねてオーブンで焼いたもの。

greecefood3
●ウゾ
きつかった・・・!お酒です。
私もサカ君も全くアルコールが駄目なのですが、せっかくなので注文しました。撃沈。
本当は透明なお酒で、不思議なことに水で割ると白濁色になるそうです。

greecefood4
●グリークコーヒー
これは美味しかった☆
粉がそのまま入っているため、下に沈殿するのを待ってから飲みました。すぐに飲んだらむせました。

ギリシャでは他にもスヴラキやグリルド・オクトパス等、様々なご当地料理を楽しみました。
食事はイマイチと聞いていたわりには、美味しかったです。なんといってもオリーブオイルや魚介が新鮮


【ブダペスト/ハンガリー】*********************************************
hungaryfood1
●グヤーシュ
パプリカがたっぷりと入った牛肉と野菜の煮込み料理。

hungaryfood2
●パプリカチキン
パプリカで作ったルーとスープで煮込んだチキン。

hungaryfood3
●テルテット・パプリカ
パプリカに肉等を詰めたもの。

ハンガリーの料理はとにかくパプリカ尽くし!
ちょっとしたスーパーにもカラフルなパプリカが並んでいました。ピーマン嫌いな人には若干きついでしょうか。
ハンガリー料理ではないですが、セーチェニ温泉近くで売っていたケバブも美味しかったなぁ♪


【ウィーン/オーストリア】*********************************************
austriafood1
●グーラシュスープ
クネーデルという挽き割り小麦で作ったパンのようなものが入ったスープ。
このクネーデルは、オーストリアの子どもたちの好物なのだそう。

austriafood2
●ヴィーナーシュニッツェル
有名ですね。子牛の肉のカツレツです。
薄く大きく伸ばして揚げるのが特徴で、厨房からは「ドスン!ドスン!」という肉を伸ばす音が聞こえてきました。

austriafood3
●アプフェルシュトゥルーデル
実はザッハートルテ以上にウィーン的なケーキがこちらだそうです。
パイ生地でシナモン・お砂糖で味付けしたりんごや干しぶどうを巻いたもの。

austriafood4
●ウィンナーコーヒー(フランツィスカーナー)
上にホイップクリームの載った、日本でもお馴染みのウィンナーコーヒー。
実は、ウィーンでは「ウィンナーコーヒー」という名のものは存在せず、「フランツィスカーナー」等と呼ばれています。

ウィーンの料理、美味しかったです。
ウィーン料理を食べたいと思いショッピングセンターのレストラン街でお店を探すと、
1つのお店以外はアジアンやバー等で、唯一のお店はガラガラ。
貸しきり状態でしたが、それでも美味しかったです。それに定員のお姉さんが可愛かった

【プラハ/チェコ】*********************************************
czechfood1
●クネドリーキ
チェコはお肉料理がとても多い国で、そのつけ合わせにクネドリーキという蒸しパンのようなものを食べるのが一般的です。

●ビール
(画像なしもはや挑みませんでした・・・日本のものとの味の違いも分からないので;)

他の国ではパサパサしてしまっているお肉が多かったのですが、チェコのお肉はわりと柔らかくて美味しかったです。
旧市街広場の周りに、チェコ料理を食べられるお店が沢山ありました。



=================================


・・・書いていたらおなかが空いてきました。

どの国も共通して一品一品が大きく、
でもご当地ものを色々試したいからとついつい注文しすぎてしまい、
(というか前菜のスープだけでほんとは十分な量。。。)
明らかに胃が大きくなりました。
ときにはサカ君よりも食べましたw

普段はおなかが弱い私が、一度も腹痛を起こさなかったのは本当に幸運でした。
いつもバッグに日本から持ってきた胃腸薬とストッパを忍ばせていましたが、未使用

イギリスでもレストランの料理の量が多いのは同様です。
日本に帰ったときに横に大きくなっていて驚かれないよう、気を付けなくては^^;

関連記事
スポンサーサイト
[2010/08/25 22:27 ] | ● ヨーロッパ旅行 fromLondon  | コメント(0) | トラックバック(0)
<<Sencha Senpaiの謎 @ホテル・ザッハー in Austria | ホーム | スイス・ギリシャ・ハンガリー・オーストリア・チェコ その2の続き>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://smilemixlibrary.blog28.fc2.com/tb.php/12-700a1ee5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。