スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
スイス・ギリシャ・ハンガリー・オーストリア・チェコ その2の続き
前回のブログで各国のトイレ事情について触れたところお友達のHからツッコミが入り、
あえて更に詳しく取り上げようと思いますw
なかなかトイレについていっぱい説明してくれているガイドブックも無いのでw

日本で、スタバさんやマックさんのお手洗いに助けられた経験のある方、
けっこういらっしゃるのではないでしょうか。
あとは駅とかコンビニとか・・・

この5カ国もイギリスも、いわゆるコンビニはほぼ見かけません。
公共交通機関のお手洗いは、無い場合が多いですし、あっても清潔さに欠けます。
普通のレストランやカフェでは入口で声を掛けられてしまうし・・・

「あ、見慣れたMのマーク!!

店内を見回し、そそくさとお手洗いの扉を開けようとすると、、、

「?!」
開かないのです。
扉にはテンキーのようなキーボードが付いていて、
店員さんだけが知っているコードを入力して初めて開けることが出来ます。
つまり「何も買わずに使っちゃダメ」ということですね。
コードはレシートに印字されている場合と、店員さんに聞く場合とがありました。

このシステムを知らなかったスイス滞在時、マックで食事をしていると、
地元の女子高生2人組と思われる子たちがケラケラ笑いながら
「コートゥ、コートゥ!」
と話しかけてきました。(英語ではなくドイツ語で。)
「なんだろう、私のコート(上着)を誉めてくれてるのかな・・・」
などと考えていると、いきなりテーブルの上のレシートを覗き込み、
「センキュー!!」
と更にケラケラ笑いながら店の奥へと進んでいきました。
「???」

程なくして謎が解けました。
ヨーロッパでは、こんなコミュニケーションも生まれるんですね~

スイスは水を1つの売りにしている国ですが、それでもこのシステムなんですね。
日本のお店はとっても親切だなぁと思います。
こんなところでも、日本のおもてなし精神の素晴らしさを感じたのでした。

ちなみに、全てのこういったお店でコードのシステムなわけではないです。
お手洗いの前に女性が座っていてチップを受け取っている場合や、
無料の場合、
機械にチップを入れると扉が開く場合等、色んなタイプがありました。

あ、トイレ以外にもふとしたときにチップを渡す場面が出てくるので、
お財布には常に小銭を用意しておくことをオススメします。


・・・と、トイレの話はこのくらいにしなくちゃ笑


=================================

今日はとっってもキレイな青空を見ることが出来ました
日差しも気持ち良かった^^(少し風が強すぎたけど。)
ロンドンの空気は、秋に向かいつつあります。
太陽さん、まだまだ隠れないで~~~><

関連記事
スポンサーサイト
[2010/08/24 23:29 ] | ● ヨーロッパ旅行 fromLondon  | コメント(2) | トラックバック(0)
<<スイス・ギリシャ・ハンガリー・オーストリア・チェコ その3 | ホーム | スイス・ギリシャ・ハンガリー・オーストリア・チェコ その2>>
コメント
仕事おわったー!会社でちょこちょこ見させていただきました☆

はい、私がお友達のHでございますwてか…私ヨーロッパ行けないじゃんっ!!頻尿ズには困難すぎる(*_*)ハルンケア持って入国するか…。

そろそろそっちは寒くなるだろうから、膀胱炎にはくれぐれも気を付けてね!!
[2010/08/25 08:53] | URL | hitomi #- [ 編集 ]
>hitomi
仕事おつかれーv-238
ぁはは気を付けるv-238v-238
ほんと困難だよ~近所の公共図書館ですらトイレ無いからねv-12
でもイギリスのトイレのきれいさはまあまあだからぜひ遊びに来て!!笑
コンビニ的存在としては街中のホテルがオススメw
[2010/08/25 10:11] | URL | スミレミ* #- [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://smilemixlibrary.blog28.fc2.com/tb.php/14-be5425cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。