スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
ヴィクトリア&アルバート博物館 V&A Museum
South Kensington サウス・ケンジントンにある代表的なミュージアム
自然史博物館、科学博物館と続いたので、これらに隣接するもう1つのミュージアム、
Victoria and Albert Museum ヴィクトリア&アルバート博物館について。

VictoriaandAlbertMuseum1
V&A博物館は、英国の工芸品の質・デザイン性向上のために設立された博物館です。
キラキラした展示品がたーくさんあって、日本人女性のファンも多いとか。

VictoriaandAlbertMuseum2
私が訪れたのはクリスマス前で、
入口を入ったところでコーラス隊がクリスマス・ソングを披露していました。
雰囲気たっぷりでしばしうっとり

展示室は、国や地域・年代・展示品の種類によって分かれています。
VictoriaandAlbertMuseum3
VictoriaandAlbertMuseum4
VictoriaandAlbertMuseum6
VictoriaandAlbertMuseum5
・・・このダヴィデ像、"有名な"レプリカ。
等身大の精緻なレプリカって、もしも本物が壊れてしまったときに重宝するんだそう。
なるほど~。
しかも目の肥えていない私は十分にミケランジェロの凄さを感じてしまいましたw

VictoriaandAlbertMuseum7
日本の展示室も。

ここからは、私も気に入ってしまったキラキラゾーンです。
VictoriaandAlbertMuseum8
宝石。

VictoriaandAlbertMuseum9
食器とステンドグラス。

VictoriaandAlbertMuseum10
個人的に一番見入ってしまった小箱たち。

VictoriaandAlbertMuseum11
紅茶や茶器についての解説もありました。

VictoriaandAlbertMuseum12
窓からは、ライトアップされた中庭。こちらもキラキラ。

イギリスの多くのミュージアムと同様、V&A博物館も入場料無料(寄付制)です。
また時間を掛けて訪れたい場所の1つです^^

関連記事
スポンサーサイト
[2011/02/26 20:26 ] | ● ロンドン ミュージアム  | コメント(0) | トラックバック(0)
<<学園祭 Tattoo | ホーム | 科学博物館 Science Museum>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://smilemixlibrary.blog28.fc2.com/tb.php/152-0bae7206
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。