スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
泥酔者によって粉々にされた大英博物館の壺
British Museum 大英博物館の所蔵品の中でも、
私がとくに気に入っているのがポートランドの壺

portlandnotsubo1
portlandnotsubo3
portlandnotsubo2
何かを連想しませんか??^^

そう、Wedgwood ウェッジウッドのジャスパーシリーズの、
モデルとなった壺なんです!

この壺は西暦25年頃古代ローマで作られたそう。
18世紀にイタリアからイギリスへ持ち込まれ、
惚れ込んだジョサイア・ウェッジウッドは所持していたお宅に通いつめ、
なんとかその模造品の製作に成功したのだとか。

wedgwoodvasemark1
wedgwoodvasemark2
私が持っているいくつかのWedgwoodのプレートの裏なんですが、
描かれている壺の絵はポートランドの壺です。


大英博物館に展示されているポートランドの壺には更に逸話があって、
その昔、泥酔した男性によって粉々に壊されたことがあるそう。
200ピース以上に分かれてしまった壺ですが、修復が試みられました。

その際役に立ったのが、Wedgwoodの模造品。
模造品を見本としながら、見事な修復に成功したのです。
さらに修復に使われた接着剤の一部は日本のものだったとか。


そんな紆余曲折を経て、
ガラスケースに入れられて今も展示されているわけです。

たーっっくさんの所蔵品のある大英博物館ですが、
その1つ1つに色々な歴史があると思うと本当に面白い。

中でもこのポートランドの壺は、その美しさもさることながら、
2000年間の経緯を考えると思わずにまにましてしまいますw


関連記事
スポンサーサイト
[2012/06/10 16:43 ] | ● ロンドン ミュージアム  | コメント(0) | トラックバック(0)
<<野外劇場にて「真夏の夜の夢」 | ホーム | パブロバってどこの国発祥のケーキ?>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://smilemixlibrary.blog28.fc2.com/tb.php/171-be389678
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。