スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
文庫のボランティアをはじめました
ロンドンで活動する、とある日系文庫のボランティアスタッフを始めました。

この文庫の蔵書数は、約700冊(児童書600冊・大人向100冊)。
主に日本人ママとその子どもたちが対象です。

先日、初めてのお手伝いに行ってきました。

月に1度の文庫開催日。
時間になり、普段は会場のロッカーにしまわれている籠に入った図書たちが、
次々にフロアへと運び出されます。
私以外のスタッフさんは皆さんお子さんがいらっしゃって、
小さなお子さんたちも一緒に籠を並べるお手伝い。
新入りの私も見よう見真似でお手伝い。
久々の力仕事(図書って重いんです。でも会社員時代が懐かしくて嬉しい♪)

机の上に受付の道具をセッティングしているうちに、
利用者が続々と会場にいらっしゃり、
図書のぎっしりと入った籠を思い思いに眺めています。

開催中のスタッフの仕事は、貸出と返却。
私は今回初めてということで、やり方を教わったあとは、
どのような図書があるのかじっくり見学させて頂きました。

日本語の絵本がいっぱい
なかなか年季の入った図書が多く、
英国暮らしの日本人に大切に大切に読み継がれてきたんだなぁと感慨深かったです。

とあるお母さんが少しの間取り込んでいるとき、
2-3歳くらいのお子さんが私に1冊の絵本を差し出してきました。
か、かわいい・・・
ちょっとだけ読み聞かせ(というか「○」に注目して一緒に指差し)w

終始ほのぼのとアットホームな雰囲気。

日本語の絵本は、
英国暮らしのお子さんが日本語や日本の文化を学ぶ助けとなります。
でもこの文庫の良さはそれだけではなく、
日本人ママの情報交換や交流の場というサロン的役割も担っていることかなと思います。

図書に囲まれたこんな素敵な場のスタッフをさせて頂けて光栄です☆
出来る限りのお力添えをしたいと思います!



*******************************

話は変わり、児童英語教育用の教材屋さんのご紹介です。

materialshop1
IIELでも紹介された教材屋さんです。

児童英語教育に携わるご予定のある方は、一度覗いてみては^^
とくに、日本で買うよりもバリエーション豊富でお安いんじゃないかと思います。


【店舗情報】
(店名)Teaching Trends
(住所)160 High Road, East Finchley, London. N2 9AS
(webサイト)Teaching Trends web-site

関連記事
スポンサーサイト
[2011/03/09 22:52 ] | ● 児童英語教師養成課程@London | コメント(0) | トラックバック(0)
<<LBSのジムとプール | ホーム | アフタヌーンティ @The Wallace Collection>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://smilemixlibrary.blog28.fc2.com/tb.php/205-2355e183
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。