スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
自然史博物館 Natural History Museum
ケンジントン・ガーデンズをあとにし、歩いて向かった先は・・・

naturalhistorymuseum1
自然史博物館 Natural History Museum
荘厳な建物は圧巻の迫力です。
大英博物館の一部門(自然史部門)が独立して出来たこちらの博物館、
かなーーーり期待が高まります☆

naturalhistorymuseum2
Cromwell Road側の入口を入ると、そこには巨大な恐竜の骨。(もちろん複製です。)

奥の壁際には・・・
naturalhistorymuseum9
見所の1つ、ダーウィン像
しかしあまりの人ごみに近付くのを断念。

なぜこんなに混んでいるのかというと、
今週1週間ハーフタームホリデーだったからです。子どもがいっぱい!

ところで、私は本当はCromwell Road側の(恐らくメインの)入口ではなく、
Exhibition Road側の入口から入ってしまいました。

naturalhistorymuseum3
こちらも、入場するだけでもすごい列。

naturalhistorymuseum4
入ると、このようなちょっとテーマパークのような雰囲気です。
Cromwell Road側とは大分趣が異なりますw

naturalhistorymuseum5
自然史博物館、とっっても広い!展示フロアによって雰囲気が全然違う。
Exhibition Road側のレッド・ゾーンは、主に地球や地学に関する展示です。

naturalhistorymuseum6
「神戸スーパーマーケット」??

naturalhistorymuseum7
naturalhistorymuseum8
阪神・淡路大震災に関する展示と地震の体験ゾーンでした。
でも、体験ゾーンの揺れはそれほど強くなく、「もっともっと恐ろしいんだよ!」と
地震のほとんどないイギリスに暮らす人たちに伝えたくなってしまいました。


そして、今回の私の1番のお目当て!
・・・鳥が苦手な方は、以下見ないことをオススメします(笑)





naturalhistorymuseum10
グリーン・ゾーン代表(?)、ドードー鳥
不思議の国のアリスに登場する鳥さんです^^

この日は、恐竜などのブルー・ゾーンには時間切れで入りませんでした。
野生生物のいるオレンジ・ゾーンが冬期はお休みなため、
オレンジ・ゾーンが開く4月以降にまた行こうと思います☆

このクオリティで入場料無料(寄付制)なんだから、もっと活用しなくては!

関連記事
スポンサーサイト
[2011/02/24 11:41 ] | ● ロンドン ミュージアム  | コメント(0) | トラックバック(1)
<<科学博物館 Science Museum | ホーム | ケンジントン・ガーデンズ散策>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://smilemixlibrary.blog28.fc2.com/tb.php/215-15b86960
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
-
管理人の承認後に表示されます
[2013/12/16 14:02]


| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。