スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
くまのパディントンの駅
世界的に有名な児童書、「Paddington Bear」(邦題「くまのパディントン」)
名前の由来は、現在もあるロンドンにある駅「パディントン駅」です。

paddingtonstation1
やぁ♪
パディントン駅構内には、くまのパディントンのこんな像があるんです。

paddingtonstation2
首元にはこんな札。「面倒を看てやってください」
(日本でいう「拾ってください」的な?)

paddingtonstation3
なかなか愛くるしいお顔。

paddingtonstation4
いつも、ここから駅の様子を見守っています。

場所は、パディントン駅National Railのホーム横にあるレストランエリアの、
Yo!Sushiのすぐそばです。
像の存在は知っていたのに、それでも私は何回か素通りしてしまいましたw
Paddington Stationをご利用の際は是非目を凝らしてみてください^^

(Paddington Christmas Marketの記事はこちら

関連記事
スポンサーサイト
[2011/04/13 20:39 ] | ● ロンドン 作品の舞台  | コメント(0) | トラックバック(0)
<<Emma Bridgewater エマ・ブリッジウォーター | ホーム | 「ノッティングヒルの恋人」ロケ地巡り>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://smilemixlibrary.blog28.fc2.com/tb.php/235-be366500
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。