スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
歯医者さん体験記 後編(治療)
~前編 歯医者さん探し(記事はこちら)の続き~

良さそうな歯医者さんの雰囲気に安心しつつ予約の電話をかけると、
あっさりと「NHSでは無理」とのお言葉。。
じゃぁ何故web-siteでは受入れ可なんてうたっているんだ?!と思いつつ、
イギリス人の友人にもNHSの歯医者は難しいと思うと言われていたため、
諦めてそのままプライベートの扱いで予約を取りました。
(1つの歯医者さんでプライベートとNHS両方の扱いを行っているようです。)
予約日はこちらの都合で1週間後になりましたが、
もっとすぐにでも診てもらえそうな様子でした。

予約日当日。
この日は、歯の状態を診て治療の方針を決めるだけとのこと。
とはいえやっぱりドキドキ。後学のために私も一緒に行きました。

室内は、やはり明るくて清潔な雰囲気。
平日の昼間だったからか患者さんはお年寄りが多く、
元気な歯科医さんたちが親しげに患者さんに話し掛けていました。
そんな中、初診のためサカ君は問診票を記入。
間もなく呼ばれ、診察室へ。

「それほどひどくない。恐らく1度の治療で済むよ。」
とのこと。本当かい?!・・・と思いつつ、ほっとしました。
だってこの日の検査(約10分)だけで、約60ポンド弱(約8000円)
噂に聞いていたのと同等の金額ですが、やっぱり高い><
治療にかかる総額を先に確認してから治療に入った方が良い
やはりイギリス人の友人にアドバイスされていたため、目安を聞き帰宅。

次の、そして本当に最後となった予約日の治療は以下のようなものでした。

・3つの茶色いホール
「たばこか紅茶をよく飲まない?」と聞かれ、ばっちり紅茶が当てあまり、
「これは虫歯じゃなくて紅茶の汚れだよ!」とのこと。
念を押して確認してもらっても、やはり虫歯ではないのだそうです。
たしかに、サカ君の紅茶を飲む習慣はイギリスに来てからのこと。なるほど~

・取れた詰め物
取れた詰め物をもう一度付けてもらう予定だったのですが、
詰め物のない状態でしばらく生活してしまったためか歯が変形してしまい、
詰め物が上手くはまりませんでした。
新たに型をとり詰め物を作るには、数百ポンドかかるとのこと。
「数ヶ月もつ応急処置をするから、ちゃんとした詰め物は日本で作った方がいい」
という歯医者さんからのアドバイス。
日本の歯科が一目置かれているというの、本当なんですね。
アドバイス通り、簡易的な詰め物を施してもらいました。

終了です。

今回の治療時間約20分。
治療費は検査のときとほぼ同様の約60ポンドでした。
事前に聞いていた総額と、ほぼ差はありませんでした。

歯は一生もの。安心を買ったと思えば、まぁ許せる金額ですかね。
仮の詰め物は、噛み合わせの違和感が多少あったようですが、
今のところ問題なさそうです。(少なくとも取れちゃったりはしていません。)
日本で治療してもらえる日まで、もう何事もありませんように


*******************************

歯医者さんの話題のときになんですが(笑)、
先日、スーパーのTescoにて「MIKADO」というお菓子を発見しました。

mikado1
ポッキー??!

そう、これは正真正銘ポッキーの海外(主にヨーロッパ)向けパッケージです。
中身の見た目はまさに我らがポッキー。
味は、、ちょーっとヨーロッパによくあるミルクチョコ味っぽいかな?気のせい?
でも食感は、まさにポッキー

こちら1箱約1.40ポンドでした。

↓江崎グリコの公式サイトで、海外向け商品として紹介されています。
http://www.glico.co.jp/corp/corp03.htm


・・・歯磨き・フロス・LISTERINE、これからも欠かさず続けますよー!

関連記事
スポンサーサイト
[2011/04/11 22:22 ] | ● ロンドン 病気  | コメント(0) | トラックバック(0)
<<「ノッティングヒルの恋人」ロケ地巡り | ホーム | 歯医者さん体験記 前編(歯医者さん探し)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://smilemixlibrary.blog28.fc2.com/tb.php/252-eb220c87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。