スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
London Marathon 2011 ロンドンマラソン観戦
今日4月17日(日)、London Marathon 2011が開催されました。

駅伝&マラソン好き(観る専門w)の私。
朝起きてすぐ、わくわくしながらテレビを点けました。

londonmarathon1
朝9時。女子のエリート選手、スタートです!

londonmarathon2
第2集団の中に沢山の日本人選手の姿が

実は、2011年の世界選手権に出場する日本代表選手の選考を兼ねた国内の大会が震災の関係で相次いで中止となり、ロンドンマラソン2011の主催者側が選考の場とするよう今日のレースのエリート選手枠を日本に対して快く提供してくれたのです。
大変ありがたいことですね。

このことを知ってから、私は沿道に応援に行くことを決めていました。

londonmarathon3
時間を空けて、一般参加者もスタート!それにしても、すごい数の人。
ロンドンマラソンは世界5大マラソンの1つにも数えられる人気のあるレースです。
一般の人が参加枠を得るのは至難の業だとか。

人気の理由の1つは、コースにあります。
ロンドンの観光名所をいっぱい通るのです!私でも走ってみたくなってしまう!

それでは、いざ出発=3

londonmarathon4
道路は交通規制されているので、tubeにてゴールに程近いWestminster駅へ。
駅を出てすぐ見えるLondon Eye ロンドン・アイをバックに、
無料で配布されていたパンフレットを撮影。
コースや有力選手の紹介等、とっても役立ちました。

パンフレットによると選手たちが来るまでに少し時間があったので、
良い応援スポットを探しつつ、付近を散策。
ゴールはバッキンガム宮殿のすぐ近くですが立ち入り出来ないようになっており、
その直前もかなりの人なので、結局Westminster駅辺りに戻ってきました。

londonmarathon5
Big Ben ビッグ・ベンのよく見えるこの場所に決定!
数十分後、この道を多くのランナーが疾走していきました。

londonmarathon6
目の前にはロイヤルウェディング間近Westminster Abbey ウェストミンスター寺院

londonmarathon7
St.James's Parkの方に向かうランナーの後姿。
(日本人選手の通過時には、声援を送るのに必死で写真は撮れませんでした。)
混みすぎず、15分毎にビッグ・ベンの鐘が聞こえるここでの応援、最高でした☆

日本人選手の皆さんが通ったあと、やっぱりゴール付近が気になる私。
表彰式や選手のゴール後の姿を拝見出来たりして・・・と思い、行ってみました。

londonmarathon8
ゴールの先にある裏方の様子。
分かりづらいですが、赤いのはフェンスにかけられた大量の「完走メダル」です。

londonmarathon9
フェンス越しにちらりと見えたゴール。
屋根がある場所は関係者席でしょうか?うらやましい!

londonmarathon10
スクリーンに映し出された、
フェンスのすぐ内側で行われているであろう表彰式の様子。

満足し、トラファルガー広場の方角に向かって歩いていくと・・・

londonmarathon11
なんとそこは、エリート選手の方々用の車止め!

londonmarathon12
こちら後部座席、男子上位3名のうちいずれかの方です。
車に乗り込むギリギリまで写真撮影に応じている姿が素敵でした。

londonmarathon13
そして、貸切の旧型2階建てバスの中には、なんと日本人女子選手の皆様!

londonmarathon14
お疲れ様でした!!
ビッグ・ベンの横、全力を出し切って頑張っていらっしゃる姿に感動し、
「がんばろう日本」の手作り応援フラッグを持ちながら泣きそうになりました。

関連記事
スポンサーサイト
[2011/04/17 21:37 ] | ● ロンドン イベント・年間行事  | コメント(0) | トラックバック(0)
<<☆ちくちく☆赤い2階建てバス | ホーム | Alice's Shopだけじゃない!>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://smilemixlibrary.blog28.fc2.com/tb.php/253-7ecb52d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。