スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
伝統菓子 NewensのMaids of Honour
ヘンリー8世の時代、王室の方々を魅了したという英国の伝統菓子、
Maids of Honour メイズ・オブ・オナー

キュー・ガーデン(記事はこちら)のすぐ近くにある老舗のティールーム、
Newens ニューエンズにて頂きました^^

maidsofhonour1
こじんまりとした佇まいで一見分かりにくいですが、
建物の上には大きく「The Original Maids of Honour 」の文字。

maidsofhonour2
アンティーク風の可愛らしい店内。
メニューの裏の白黒写真、一体何年前のものでしょう?
観光客もいれば、明らかに長年の常連さんという方もいらっしゃる、
古くから愛されてきたのが伝わってくるアットホームな店内です。

maidsofhonour3
maidsofhonour4
Maids of Honourの前にランチを頂きました。
どちらも美味しかったです。とくにキッシュが気に入りました。
それに食器がとっても素敵♪

maidsofhonour5
Maids of Honourは、
併記でDanish Pastry(デニッシュペストリー)と説明されています。

maidsofhonour6
じゃーん!こちらがMaids of Honourです。
パイがさくさくで、優しい甘さの、とても繊細なお菓子でした。
おいしい~こちらのお店の極秘レシピなんだとか。
それにしてもこういった繊細なお菓子も生まれていたイギリスで、
どうして甘ーーーい(甘すぎる大味の)お菓子も好まれるんだろう。。

maidsofhonour7
こちらのレトロな車、店内に貼られた白黒の昔の写真に写っていました。
実際に乗られていたのかな?!

ちなみに、「maid of honour」は花嫁付添人のことです。
もうすぐ行われるウィリアム王子とケイトさんの結婚式では、
ケイトさんの妹のピッパさんが務めることになっているそうです。

このお菓子の名前「Maids of Honour」の由来が気になります。
そしてレシピも☆

関連記事
スポンサーサイト
[2011/04/26 13:19 ] | ● ロンドン カフェ・レストラン  | コメント(0) | トラックバック(0)
<<カモのヒナ | ホーム | 世界遺産 Royal Botanic Gardens, Kew キュー・ガーデン>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://smilemixlibrary.blog28.fc2.com/tb.php/258-ccff6955
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。