スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
海外のおにぎり事情
先週の金・土曜日は、LBSの期末試験日でした。
両日ともお昼を挟んで1日に2科目。
サカ君がお昼休みに食べやすい&お腹がふくれるように、
朝おにぎりを作って渡しました。

onigiribento1
特大おにぎり三兄弟
左から、のり玉子ふりかけ・鮭・めかぶ&おかか。

おにぎりって、素晴らしい発明品だと思います☆
簡単に作れて、持ち運びやすく、手を汚さず道具を使わず食べられて、
しかも美味しい^^ (作るきっかけを頂いたいつかママさん、ありがとうございます!)

もちろん、簡単に作れるのはお譲り頂いた海外用炊飯器様のお陰が大きいです。
朝目覚めたときには、炊き上がったお米のいい匂いがflatに広がっていて・・・
幸せ~^^ お譲り頂いた方に本当に大感謝です。

そんな日本ではお馴染みのおにぎりですが、
海外にはあまり浸透していないようです。
だいぶ前にロンドンにある日本食材店でのおにぎり騒動?を書きました
記事はこちら)が、海外の方が食べていたとしても、
お寿司ほどスムーズに口にしている姿をお目にかかったことはありません。

現地校に通う、ハーフのとある小学生の女の子。
お母さん(日本人)の作ったおにぎりを学校のお弁当に持っていったら、
何それー!」と言われてもう持って行きたくなくなってしまったそうです><

サカ君も、LBSで級友から「中には何が入っているんだ?」と聞かれて、
「う~ん、知らない」と答えると
(お弁当のおにぎりって中身を気にせずかぶりつきますよね、そういえばw)、
中に何が入っているか分からずによく食べるね」と驚かれたそうです。

やはりLBSパートナー友達の旦那様は、
おにぎりを見た級友に「巨大なスシだね!」と言われたとかw

果たして、
おにぎりがお寿司並みの世界的市民権を得る日はやってくるのでしょうか

関連記事
スポンサーサイト
[2011/06/13 21:54 ] | ● ロンドン 日本食  | コメント(0) | トラックバック(0)
<<ロックな街 カムデン・ロック | ホーム | リージェンツ運河散策+日本のケーキ♪>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://smilemixlibrary.blog28.fc2.com/tb.php/283-cc921549
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。