スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
バミューダ国立図書館
Bermuda National Library バミューダ国立図書館はCity of Hamiltonにあります。

bermudanationallibray1

私のような短期滞在者が利用出来るのか定かではありませんでしたが、
とにかく行って聞いてみよう!と思い、敷地の中へ。

bermudanationallibray2
可愛らしい外観。
公園に隣接していて、図書館前に座っている人たちもなんだかくつろいでいます。

入館し、まず、出入り口横のカウンター内の司書さんに利用方法を聞いてみました。
資料を館内で閲覧すること、また無線LANへのインターネットアクセスは、
会員にならなくても誰でも可能
だそうです。(なんて太っ腹!)

会員になれるか試しに聞いてみると、
短期滞在者でも身分と1ヶ月以上滞在することの証明を出来ればなれるようです。
なぜ1ヶ月以上かというと、資料の貸出し期限が1ヶ月後だからとのこと。
(そもそも国立図書館で貸出しを行っているなんて・・・!

滞在期間が若干足りなさそうな私は、会員になることは諦め、
時々館内で資料を物色させて頂くことにしました。

bermudanationallibray3
これまでに一番気に入った資料がこちら。
「Love on the Rock -a useful guide to the 100 best places to kiss,smooch and cuddle in Bermuda」
・・・つまり、「バミューダのロマンチックな場所ベスト100!
というような図書です。当然真面目なものではなく、ユーモアいっぱい♪
これからどこを観光しようかと考える際の参考になりました。
それに、「バミューダ女性の心を掴むには・・・」とか、
「St.GeorgeとSomerset(どちらもバミューダの地域)出身者の好みの違い」等、
興味深い内容も色々とありました。バミューダに来る人にオススメの1冊です^^

bermudanationallibray4
図書館でも、シティ内の本屋さんでも、
日本の漫画の英語版を見付けました。日本のサブカルはここにも届いています!

こじんまりとした外観やサービス形態だけでなく、中の造りも、
国立図書館というよりまるで地域密着型の公共図書館のようでした。
2階建ての建物の中に、図書・雑誌(学術雑誌は見当たりません)・新聞・AV資料・
マイクロリーダー・OPACがあり、壁際のスペースに閲覧席が設けられていました。

そうそう、昨日のお昼12時から、
図書館1階にあるThe Bermuda History and Cultural Studies Roomにて、
バミューダの"漁師さんの"歴史に関する映画の上映会(無料)に参加しました。
バミューダの歴史ではなかったのか・・・まぁいっか^^;面白かったです♪

bermudanationallibray5
こちらは、Bermuda National LibraryのYouth Servicesの別館です。

bermudanationallibray6
絵本や児童書等、YAまでの資料はこちらに所蔵されています。
本館とは徒歩5分くらい離れています。

バミューダには、国立図書館以外の公共図書館ってあるのかな・・・
(今のところ、見付けていません。)
ここが、国で唯一の公共図書館で、
日本でいう国立・都道府県立・市町村立、全ての役割を兼ねているのかな。

関連記事
スポンサーサイト
[2011/07/01 20:43 ] | ● 図書館 Libraries  | コメント(0) | トラックバック(0)
<<海の上に架かる虹 | ホーム | 歩行者天国 Harbour Nights>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://smilemixlibrary.blog28.fc2.com/tb.php/309-00a032d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。