スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
ネズミ島・ネコ島・グース島・バード島・ヤギ島
月曜日の朝、バミューダオフィスへ初出勤するサカ君を見送り、
さて私はどうしたものかとホテルの部屋で途方に暮れました。

まだ地理もバスやフェリー等の公共交通機関の乗り方も全然知らない。。
でも、こんななかなか来れない場所にせっかくいるのだから、
しかも何もやるべきことがないなんていう贅沢すぎる状況なのだから、
時間を無駄にしたくない。色々なものを見てみたいし経験したい。
よし、まずは、歩いて行けるところへ行ってみよう!

というわけで、地図で見付けた気になる小島、

○ Mouse Island (ネズミ島)
○ Cat Island (ネコ島)
○ Goose Island (グース島)
○ Bird Island (バード島)
○ Goat Island (ヤギ島)


・・・の密集地帯を一望出来そうな場所を徒歩で目指すことにしました。

bermudaanimalislands1
南国の自然いっぱいの田舎道を、
City of Hamiltonから離れるようにどんどん歩いていきました。

木の電柱に癒されます♪生物に出会うと興奮します。とくに、かっこいいトカゲ!
道幅は細く、歩道はなく、しかも普通の大きさの車両がけっこう頻繁に通ります。
くねくね道が多く見通しが悪いため、車に轢かれないように最新の注意を払います。

bermudaanimalislands2
途中、ボートの沢山停まったこんな入り江を通りました。
暑さにバテ気味だったので、水辺は少し涼しく感じられて嬉しかったな。

bermudaanimalislands3
分かれ道。生えている木をそのまま利用した案内板がイケています^^

地図と照らし合せて立ち止まっていると、
「迷ったの?大丈夫?教えようか?」と通りすがりの人が声を掛けてくれます。
ほぼ全員が声を掛けてくれると言っても過言ではないくらい。
少なくとも挨拶は間違いなくしてくれます。なので私もいつも笑顔で挨拶。
この温かな人柄は、島で暮らすひとの特徴なのかな。
バミューダの人たち、とっても優しいです。

歩くこと約1時間半・・・

bermudaanimalislands4
きれー・・・。絶句。
頑張って歩いてきて良かった!

bermudaanimalislands5
このとおり、見てみたかったアニマルな小島たちも確認できました。
(写真に説明を加えた後に画質を下げたためぼやけましたね。。もう面倒だからこのままで^^;)

しばらく眺めていると、バード島に小さなボートを横付けして、
上陸を試みている人たちがいました。
ロビンソン・クルーソー体験!?面白そうー!

ちなみに、バミューダは181の島からなる国で、
そのうち人が住んでいる島は20だけなのだそうです。
残りは、このアニマルな小島たちのような無人島。

後日バミューダの図書館で読んだバミューダの人が書いたある本によると、
バミューダの原住民たちは長い間バミューダには365の島があると信じていたとか。
1日に1つの島ずつ楽しんで、1年中楽しめる、素敵な発想ですよね☆
でも、バミューダで不愉快な思いをしたある人が、
腹いせに?正確な島数を数えてしまったそうです。残念><

関連記事
スポンサーサイト
[2011/06/28 21:18 ] | ○ 【番外編】バミューダ滞在記 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<バミューダのシティの様子 | ホーム | バミューダの砂浜はピンク色>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://smilemixlibrary.blog28.fc2.com/tb.php/312-13335b79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。