スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
バミューダバスの色は・・・
↓正解
bermudabus1
ピンク色♪

ここはシティにあるバスターミナル。
↓お尻が並ぶとこんな感じ。
bermudabus2

バミューダは総面積約53平方キロメートルの小さな諸島ですが、
東西に細長く、どちらの端にも見所があります。
そして私の滞在先ホテルのあるシティは、諸島のちょうど真ん中辺り。
シティから西の端、東の端それぞれまで、バスで約1時間弱かかります。

車もスクーターも運転出来ない私にとって、バミューダでの交通手段は、
徒歩・バス・フェリー・タクシー・レンタル自転車といったところ。
自転車いいなぁ~と思うのですが、坂道が多く汗だくになること必至。。
やはり、たとえ本数が少なく最終便が早くともw、私にとってはバスが便利☆

bermudabus3
時刻表や路線図の載っているバスのパンフレットと、バスのチケットです。
私はこの回数券のようなお得なものを購入。フェリーの乗車券としても使えます。
バミューダではOysterやスイカのようなICカードは導入されていません。

30ドルで15チケットだったので、乗車1回につき一律2ドルということですね。
約1時間乗って島の端にまで連れていってもらって2ドル、高くない^^
バスの車窓の景色は海沿いも南国の普通の道もどこもかしこも魅力的だし、
フェリーに乗ればちょっとしたクルーズ気分が味わえちゃいます☆

ちなみに、

bermudabus6
回数券じゃなく1回乗車分だけだと、4ドルです。
窓口でこんな専用コインを受け取り、乗車時に渡します。

bermudabus4
シティ以外の道路脇でよく見掛けるバス停です。
あるいは、1mくらいの棒が1本立っているのみ(笑)

↓こんな感じ。
bermudabus7

バス停にはバス停の名前は書かれていません。
走行中のバスの中で次の停留所の名前のアナウンスや表示もありません。
初めての地で、いつボタンを押すべきか分かるはずもありません^^;
仕方なく、運転手さんに「○○の近くで降ろしてください」と口頭でお願いしましたw

bermudabus5
ピンクバスの中は、こんな感じ。
写真は、島と島を繋ぐ橋を渡っているところです。両サイドが海!

今度はバスでどこへ行こうかな♪^^

関連記事
スポンサーサイト
[2011/07/03 01:22 ] | ○ 【番外編】バミューダ滞在記 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<バミューダの象徴的ダンス | ホーム | 海の上に架かる虹>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://smilemixlibrary.blog28.fc2.com/tb.php/314-35eb0160
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。