スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
バミューダの様々なミュージアム
これまでに、バミューダにある色々なミュージアムへ足を運びました。
無料(寄付制)のところがほとんどなのが嬉しいです^^
とくに面白かったミュージアムをご紹介したいと思います。

City Hall・Bermuda National Gallery・Bermuda Society Arts Gallery
bermudamuseum5
シティの中で一際目立つ建物、シティ・ホール。
元々はバミューダ初のホテルだったそうで、かつては海が見下ろせたようです。
現在は建物が増えてしまって見えそうにもないけれど。。

bermudamuseum6
この中に、絵画や立体作品のギャラリーが入っています。無料です。
作品は、バミューダ人作のものや、バミューダをモチーフにしたものでした。
上映されていたバミューダの歴史とアートに関する映像も興味深かったです。

bermudamuseum7
シティ・ホールの階段の壁に、エリザベス女王の肖像画がありました。

Bermuda Historical Society Museum
bermudamuseum1
歴史博物館です。ここもシティにあります。無料です。

bermudamuseum2
中に入ると、イギリスの裕福な家庭の家の中のようでした。

bermudamuseum3
暖炉までありますね。
ヨーロッパの英国以外の国から運ばれてきたものも飾られています。

bermudamuseum4
元々無人島だったバミューダ。
1600年代前半に住み始めたイギリス人が初めての本格的な住人で、
間もなく主にアフリカから多くの奴隷が連れてこられたそうです。
歴史博物館にイギリスやヨーロッパのものが溢れているのも頷けます。

Masterworks Museum of Bermuda Art
bermudamuseum8
ボタニカル・ガーデン(記事はこちら)の敷地内にある美術館です。
無料の日と有料の日があるようです。私が行った日は無料でした^^

bermudamuseum9
作品数は多くないですが、バミューダ島内の綺麗な風景を切り取ったような
素敵な絵画がいっぱいありました。

ちなみに、この右手前の木箱の中を覗くと・・・

bermudamuseum10
可愛らしいお部屋の中でした。やっぱりヨーロッパ風ですね。

美術館内に、期間限定で地元の子どもたちの作品が展示されていました。

bermudamuseum11
肖像画。日本の子どもたちとは、色使いや大胆さが違いますよね!

bermudamuseum12
家の屋根が全て白色です。バミューダの風景なので当たり前ですが、
バミューダの子どもは皆、家の屋根は白いものだと思っているんじゃないかな。

個人的に、子どもたちの作品がとっても興味深かったです☆

Camden House
bermudamuseum13
ここも、ボタニカル・ガーデンの敷地内にあります。無料です。
ミュージアムというか、ここはバミューダの首相の公邸です。
実際に住んでいるわけではなく、政府の行事等で時々使用されているそうです。

bermudamuseum14
Camden Houseという名前の由来は、
ロンドンのCamden Townと同じカムデンさん家なのだとか。

bermudamuseum15
英国風の内装が、少々暑苦しかったです。。
ロンドンと同じくクーラーが見当たらなかった・・・ここでは無理があるのでは^^;

bermudamuseum16
広いバルコニーにはハンモックが掛かっていました♪
そしてこのお庭の眺め。贅沢!

Bermuda National Museum (元Bermuda Maritime Museum)
bermudamuseum17
最後に、ドックヤード(記事はこちら)にあるバミューダ国立博物館です。
Commissioner's House(恐らくこの海軍基地の最高責任者の家)の建物が、
そのまま使用されています。入場料が、大人1人10ドルかかります。

bermudamuseum18
大邸宅のような造りの各お部屋の中に、
バミューダの歴代の紙幣と硬貨の展示や、奴隷貿易の解説等がありました。

bermudamuseum19
階段の壁いっぱいに、バミューダの代表的なアーティスト
Graham Fosterの絵が描かれていました。圧巻!

bermudamuseum20
元倉庫だったという別の建物数棟の中にも、
実際に使われていたボートの展示や、バミューダの電力についての展示等、
興味深いものが色々とありました。

また、バミューダ国立博物館の敷地内のウリの1つが、
イルカと触れ合える場所Dolphin Quest Bermudaがあることです。

bermudamuseum21
少しだけ技を披露してくれたりもしますが、ショーはありませんw

bermudamuseum22
あくまで、観客ではなく触れ合う人たちのために行っているようですw

bermudamuseum23
博物館の敷地は、昔は要塞でもありました。大砲が生々しいですね。
広ーーーーーい大西洋を見渡せます。

bermudamuseum24
なぜか、ヤギ?がここで生活していました。

島内歩きだけでなく、ミュージアムにも行ったことで、
バミューダに関する理解がまた少し深まりました^^

関連記事
スポンサーサイト
[2011/07/28 19:17 ] | ○ 【番外編】バミューダ滞在記 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<バミューダ最大のクリケット大会 | ホーム | ボタニカル・ガーデン>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://smilemixlibrary.blog28.fc2.com/tb.php/319-5e407aa1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。