スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
アリスのレストラン@バミューダ
まさか南の島バミューダでもアリスに出会えるなんて・・・

その名も、Mad Hatters Restaurant
お店の詳細はこちら→ Mad Hatters Restaurant web-site

madhattersrestaurant1
シティに向かって歩いているとき、
目に飛び込んできたこちらの看板。

Mad・・・の文字と、文字の後ろにうっすらと描かれた見覚えのある彼。
まさかまさか!!

madhattersrestaurant2
駐車場の向こうの店先を覗くと、
描かれているのはやっぱりお馴染みの帽子屋さんでした。

このときは営業時間外だったので、逸る気持ちを抑えつつ後日出直すことに。
土曜日の昼間にその日のディナーの予約を取ろうとしたものの既に満席。
平日のディナーを予約し、サカ君と一緒に行ってきました。わくわく★

madhattersrestaurant3
テラス席の壁には、大きなアリスモチーフの絵。
・・・初めて見るデザインのような気がします。

madhattersrestaurant4
出入り口の扉の前では、こんな可愛らしい小物がお出迎え。

madhattersrestaurant5
よく見ると、木の素材に帽子屋さんが彫られています!

このあと店員さんとお話しをしたのですが、
若かりし日のオーナーがお祖母さんに、
「バミューダでレストランを開こうと思う」と話したところ、
「あなたはmad(気でも狂ったの)?!」と言われたそうです。
さらにもう1人のオーナーであるシェフがアリス好きだったことから、
Mad Hatters Restaurantという店名になった
のだとか。

そして、器用なシェフの方のオーナーがご自身で、
店内のあらゆるアリスの絵や物を作られたそうです。
どうりで初めて見るアリスなわけです!

madhattersrestaurant6
いよいよ店内へ。

madhattersrestaurant7
広く見えますが、奥の壁は一面ガラス張り。こじんまりとした店内です。
天井には沢山のありとあらゆる帽子が吊るされています。

お祖母さんにmadと言われた方のオーナーは、
作品作りは出来ませんが、時間を掛けて帽子を蒐集したそうです。

madhattersrestaurant8
好きなものを被って良いと言われ、私はこの帽子を、
サカ君は侍風の帽子を選んで記念撮影しましたw

madhattersrestaurant9
madhattersrestaurant10
madhattersrestaurant11
このステンドグラス風の作品も、オーナーシェフの手作りとのこと。
アリスへの愛を感じますね^^勝手に親近感を持つ私w

madhattersrestaurant12
厨房の出入り口、

madhattersrestaurant13
お手洗いへの扉と、
店内の至るところに可愛らしいものを発見できて楽しいです♪

madhattersrestaurant14
メニューの裏もアリス!

madhattersrestaurant15
食べ物自体は、アリスをモチーフにしたものはありませんでした。
とっても美味しかったけれど、なんだか残念。
銀座近くにあるアリスのレストランはすごかったなぁそういえばw
キャラ弁はじめ、食べ物で顔を作るのが一般的なのって、
日本独特の文化なのかもしれませんね。

madhattersrestaurant16
伝票も可愛かったので、思わず☆

madhattersrestaurant17
食べ切れなかった分の持ち帰りをお願いしたら、
アルミホイルで小粋なバッグを作ってくれました!

我ながらアリスに縁がある
とサカ君に自慢してしまったバミューダでの嬉しい出会い^^

関連記事
スポンサーサイト
[2011/07/13 13:48 ] | ● 不思議の国のアリス  | コメント(0) | トラックバック(0)
<<バミューダのお金 | ホーム | バミューダの有名人ジョニーさん>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://smilemixlibrary.blog28.fc2.com/tb.php/331-ba9a7e9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。