スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
英国暴動に要注意><
先ほど、サカ君よりメールが。
「会社(インターン先)の人と話したところ、どうやら今回の暴動は僕たちが思っている以上に危険のようだ。外出を控えましょう。僕も今日は利用者の多くない方の駅を利用します。」

そんなに?!
実は、現在の住まいにはテレビがありません。
8月6日に暴動が発生したのは日本のwebニュースで知っていましたが、
住んでいる場所やサカ君の働いているオフィスから少し離れているし、
他にも色々と私的なごたごたがあり、今まであまり気に留めていませんでした。
でもそういえば、最近サイレンの音を頻繁に聞くような・・・

慌てて、オンラインで観られるBBCニュースをチェック。
こちらをクリック→ BBC NEWS LIVE
映像を観て、呆然・・・

見慣れた街並みに、煙、警官、ガラスの割られた跡、荒らされた商店。。。
6日にロンドン北部で起きた暴動は、
ロンドン市内に留まらず英国の他の都市へも飛び火し、
3日目の昨夜も収束に向かうどころか拡大の一途で、
今日もどこで何が起こるか分からないという状況
のようです。
元々は抗議目的での暴動が、今は暴動自体が目的になってしまっている。
略奪、暴力行為・・・イギリスがこんな無法地帯と化すなんて。

英国以外にいる家族からもかなり心配した深刻なメールが届いたのは、
こんな映像を観たからだったのね。。
私、しばらく外出を控えます!!

今のところ巻き込まれた一般人の人的被害は出ていないようですが、
かなりの数の警察官が暴動の鎮圧に向けられているため、
そこにつけ込んで空き巣や強盗等の犯罪が増える可能性も言われているとか。
いつも以上に、戸締りしっかりします!!

検索エンジンで文字情報を探すなら、
検索語は、「London riots」又は「England riots」又は「UK riots」です。
どんどん拡がっている・・・
ちなみに「riot」は「暴動」という意味です。

暴動の起きた場所は、下記の地図でチェック出来ます。
こちらをクリック→ UK Riots Google Map
お出掛け前には是非確認を!

今後も動向に要注意が必要ですね。


オリンピック開幕まで残り1年を切ったロンドン。
今年はロイヤル・ウェディングもあり、
国が一体になって盛り上がっているかのようだったのに。。
様々な人種、経済状態の人間が集まっている国。
たとえ今回の暴動が収まったとしても、問題の根は深いですね。
これまでも分かっていたつもりでいましたが、
このような事態になって改めて気付かされました。


*******************************

(付け足し)
上記のような決意のもと予定通り自宅待機していると、
荷物が宅配されてきました。
運送屋のお兄さんから、「テレビ、観た?」との質問。
もちろん暴動のことです。
イギリスで生まれ育ったというその人曰く、
こんな暴動騒ぎは見たことないとのこと。お兄さんかなり興奮気味。
一部の人が一部の場所で暴徒化することはあっても、
これほど各地に拡がった大規模なものは前代未聞のようです。

こ、こわぃ。。。とにかく、用心あるのみ。



関連記事
スポンサーサイト
[2011/08/09 10:05 ] | ● ロンドン 雑記  | コメント(8) | トラックバック(0)
<<Facebookのゲームにはまるw | ホーム | ロンドン五輪のグッズ>>
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2011/08/09 17:04] | | # [ 編集 ]
>ともみさん
はじめまして!
ブログをご覧頂きありがとうございます^^
お返事は非公開には出来ないことをご了承ください。
こちらに書かせて頂きますね☆

現在、ロンドン内を一人歩きしないよう注意喚起している団体があります。また、略奪や破壊行為の危険から、閉めてしまっているお店がけっこうあるようです。というわけで、今のロンドンを一人旅するのは危険ですし、色々と不便で通常のようには楽しめないだろうと思います。ある程度土地勘のある私でも外に出る気になれません><とはいえ、これが短期の旅行で既に来ている方の場合は「ずっとホテル待機じゃ勿体無い!」ということで、危険とはいえその中でも観光を楽しんでいる旅行者の方もいらっしゃるのが実情だろうと思います。そして今のところ日本人の被害者は出ていないはず。なので、絶対に来ない方がイイ!とも私には言い切れません。
希望的観測としては、今月末なら落ち着きを取り戻している・・・かな?という気もします。しかしながらこればかりは誰にも分かりませんよね><。出来る限り情報収集して、最後は自己(+家族)責任で判断を下すしかないのだろうと思います。
下記のような機関が渡航者向けの情報を出していますので、情報収集の際には是非。
↓外務省
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo.asp?id=154
↓在英国日本国大使館
http://www.uk.emb-japan.go.jp/jp/index.html

世界中いつどこで何が起きてもおかしくないので、逆にロンドンから変更して行った先で今度は別の危険があるかも。。なんて思い始めたら、どこにも行けなくなっちゃいますよね><。難しい判断だとは思いますが、行き先がどこであれ、どうか素敵な旅となりますように・・・☆
[2011/08/09 20:44] | URL | スミレミ* #- [ 編集 ]
全く関係ない人の車まで火炎瓶を車に投げ込まれて使えなくなってしまった等があるようなので…気をつけてください
[2011/08/10 00:18] | URL | カイリュウ #- [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2011/08/10 05:37] | | # [ 編集 ]
>カイリュウさん
お心遣いありがとうございます!
そうですね、用心に越したことはありません。
自分の身は自分で守るということで、巻き込まれないよう最善を尽くします!
[2011/08/10 10:37] | URL | スミレミ* #- [ 編集 ]
>ともみさん
私もオーストラリアにも行ったことがあります^^
イギリスとはまた違う魅力があり楽しいと思います!
震災直後、日本の秩序が世界各国から賞賛されたのも頷けますよね。
日本でこういうことの起こる日が、どうか来ませんように・・・。
[2011/08/10 10:47] | URL | スミレミ* #- [ 編集 ]
いつもブログを拝見させていただいております。
私、普通にロンドンで仕事をしておりますので、いろいろと出歩いておりますが、正直、全く危険を感じることはありません。昨日からは警察官を多く見るようになりました。
もちろん注意をするに越したことはありませんが、テレビに映っているのは酷いことが起こった場所、つまりロンドン全体であれが起こっているわけではないので、それによって人が必要以上にであるかなくなったりすることの方が私は、あいつらに負けたような気がして嫌なので、気をつけつつも、普通に過ごしています。エリアマップなども参考にされれば、特に旅行を自粛される必要はないのでは?というのが、聞かれてもいない私の意見です、、、。
[2011/08/10 18:24] | URL | nori #- [ 編集 ]
>noriさん
ブログをご覧頂き、そしてご意見頂きありがとうございます^^
noriさんのご意見が、イギリス暮らしの暴徒以外の人々の大方の意見かもしれませんね。私もとても納得です。うちの夫も、変わらず毎日通勤しています(9日は会社から早く帰るよう指示があったようですが)。私も明日は病院の予約を入れているので予定通り通院します。
ただ、旅にもその地にも慣れていない方が、せっかくのお休みとお金を使って不安を感じながらわざわざ来る必要もないかなぁ?とも思います。巻き込まれる危険がゼロでないことは確かな中、不安を感じる状態の程度は人によってまちまちですから、そこは個人の判断ですよね。在住者として今すぐここを出なくては!なんて全く思いませんが、もし私が旅行者の立場なら取り止めている気もします。元々とても慎重派の家族を、無駄に心配させたくもありませんし^^;こういった事情も、人によってまちまちですよね。
このくらい大丈夫と思えば来れば良いし、このリスクの量は許容外と思うなら来なければ良いし、今回のことがきっかけでもっと行きたい場所が他に出来たならそちらへ行けば良い、私はそんな意見です。
もちろん、イギリスには素敵な見所が沢山あって、日ごろの鬱憤をおかしな方向にぶちまけている人たちに邪魔されるなんて私も嫌なんですが・・・。とにかく、この"ブーム"が早く去ることを願うばかりです><
[2011/08/10 21:18] | URL | スミレミ* #- [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://smilemixlibrary.blog28.fc2.com/tb.php/351-9b13bf9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。