スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
英語で読書 paperbackがお気に入り♪
前々回、前回とSt John's Wood Libraryの日本語資料について書きましたが、
せっかくロンドンに居ながら日本語ばかりを貪り読んでいるわけではありませんw

同じくSt John's Wood Libraryにて、
paperbackを借りて辞書を片手に英語での読書を楽しんでいます。

今日読み終わったのは、こちら。
The Secret Dreamworld of a ShopaholicThe Secret Dreamworld of a Shopaholic
(2000/09/14)
Sophie Kinsella

商品詳細を見る

何を借りようかな~と書架をブラウジングしていたときに、
カラフルでキュートな背のシリーズを見付けて手に取りました。
そのシリーズの第1巻にあたるものです。
ジャケ買いならぬジャケ借りですね。

英語は平易だし、とっても面白くて、一気に読んじゃいました。
あまりにもテンポよく、オシャレあり恋あり友情あり涙あり笑いありそして借金の督促に追い詰められ(!!)とエキサイティングなので、
これは映画化したらヒットするのでは?!
というかもう映画化されているかも・・・と思い調べると、案の定。
私が思い付くくらいだからとっくに行われていました笑。

2009年に公開されて、もうDVDも出ていました。
お買いもの中毒な私! [DVD]お買いもの中毒な私! [DVD]
(2009/10/21)
アイラ・フィッシャーヒュー・ダンシー

商品詳細を見る


しかしながら、どうやら映画は原作とはストーリーが大分異なる模様。
さらにあまりにも大きな違いは、
舞台がロンドンではなくNYになってしまっていること。
原作では、主人公がOxford Street(日本の青山+表参道的な場所)でショッピングしたり、
仕事の取引先がHigh Street Kensingtonだったり(そして「ノッティングヒルの恋人」でお馴染みのNotting Hill Gateに寄れると言って喜んでいるw)、
WHSmith(日本のハンズ的なお店)で文房具を買ったり、
tube(地下鉄の愛称)に乗ったりしていて、
ロンドン在住者にとってはロンドンの地名や店名が出てくるという意味でも楽しめます。

DVDを入手して観たら英語の勉強になる且つ楽しめるかな~と思ったけれど、
ストーリーや舞台を知ってしまってちょっと興味が薄れています。

St John's Wood Libraryにて、第2巻以降もチェックしてみようと思います
無料でこんなに楽しませてくれる図書館てすごい♪(もちろん税金は払っておりますw)
関連記事
スポンサーサイト
[2010/09/11 16:29 ] | ● ロンドン 生活お役立ち?情報  | コメント(2) | トラックバック(0)
<<Alice's Shop @Oxford アリスショップとスペシャルツアー | ホーム | 受験英語 知識の回復>>
コメント
ソフィーキンセラ私も好きー!
日本語でしか読んでないけどi-228
共感から思わずコメントしてしまいましたi-201

あと今月の新潮文庫の新刊で
「ロンドンはやめられない」っていう駐在員夫人のエッセイが出てて面白かったよ。
帰国したら、もしくはアマゾンで是非i-239
[2010/09/12 14:28] | URL | あんじ #- [ 編集 ]
>あんじ
コメントありがとーv-237v-237
ソフィーキンセラ、迂闊にも私今まで知らなかったv-12
翻訳モノ、弱くて・・・><
Shopaholicシリーズ以外も読んでみようと思っているよ♪
他にオススメの外国の著者がいたら今度教えてくださいv-238
そしてそのエッセイ面白そう!!色々共感できそう^^
チェックしてみるね☆
[2010/09/12 19:07] | URL | スミレミ* #- [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://smilemixlibrary.blog28.fc2.com/tb.php/39-4b3492a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。