スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
World Book Day - イギリスの場合
外を歩いていると、とある書店のショーウィンドウ内にアリスを発見!!

worldbookdayalice1
worldbookdayalice2
子どもの手描きで可愛い

なんのイベントだろう?と説明を探すと、
World Book Day - Book cover designs by pupils」
とのこと。

World Book Day???
家に帰って調べてみると、
UNESCOによって定められた世界的な読書/図書の日で、
日本でいう4月23日の「子ども読書の日」に相当するようです。

イギリスでは英語名のWorld Book Dayのままなんですね。
でもでも、イギリスの公式サイトを見ると、
どうも日にちは2012年3月1日
それ以外の概要はUNESCOのそれと同じように見えるのに・・・
なぜ???
4月23日という日にちには世界的にちゃんと意味があるんです。
なぜ3月1日なのか、ご存知の方いらっしゃったら是非教えてください!


英国World Book Day公式サイト: 
http://www.worldbookday.com/about/


小さなお子さんがいないとあまり関係ないかもしれませんが、
World Book Dayには様々なイベントが行われるようです。

18歳までの幼児・児童・生徒たちにはトークンが配られ、
そのトークンを書店に持っていくと、
指定の図書の中から好きな1冊を無料でもらえたり。
または1ポンド割引券として使って好きな図書を買えたり。
国中のかなりの書店が協力するようですが、
以下のサイトで協力店を検索することが出来ます。
http://www.booksellers.org.uk/World-Book-Day-Search.aspx

他にも、
iPhone、iPad、iPod Touch用のアプリが登場するそうです。
携帯端末上でショートストーリーを読めたり、
iBookstoreにて催される生中継の著者イベントを観覧できたり。

オンラインフェスティバルも開催されるそうです。
レジスターしておけば、
作家と画家によるイベントをコンピュータを通して見られるようです。

「紙か電子か」「子どもは紙媒体を」と主張するのではなく、
時代の流れを読んで、柔軟に読書/図書の促進を図ろうと、
新たな試みをしているところにとても好感が持てます^^

そして、私が1番注目してしまったイベントは、
Storytelling Superstar
なんと、UK1のストーリーテラーを決定するそうです!
誰でも参加可能で、方法も簡単、
1~2分の読み聞かせ映像を自分撮りして、
専用のアカウントでYoutubeにアップするだけ。
審査員にはなんと、グラファロシリーズの著者Julia Donaldsonの名もあります☆
司書の血が騒ぐ~と思ったのですが、
残念ながら応募は2月12日で締め切られていました。w

日本でも、こんなイベントがあったら面白そう!
子どもたちへの読書/図書促進だけでなく、
司書やその他本に関わる人たちの能力向上や、
業界全体の活性化にも繋がるんじゃないかなぁと思います。


worldbookdayalice3
子どもたちの手作りブックカバーの下には、
様々な図書もディスプレイされていました。

この中にアリスが入っているところが、
やっぱりイギリスだなぁ~と嬉しくなってしまいます^^


3月1日、子どもはいないけれど楽しみ♪


関連記事
スポンサーサイト
[2012/02/26 18:20 ] | ● 不思議の国のアリス  | コメント(0) | トラックバック(0)
<<Poole Potteryの花柄のシリーズ | ホーム | アンティーク、売ります買います>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://smilemixlibrary.blog28.fc2.com/tb.php/409-baa55929
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。