スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
Tate Britainにて休憩
とある日曜日のPimlicoカーブーツ(記事はこちら)のあと。

疲れたから座りたいなぁ~
おなか空いたなぁ~
と思い、ひらめいたのがTate Britain テート・ブリテン
カーブーツ会場と同じく、Pimlico駅が最寄りの美術館です。
きっとカフェがあるはず!そして入場無料のはず!

駅前の地図で道順を確認してから、てくてく歩くこと約10分。

tatebritain1
着きました~☆

今はPiccaso & Modern British Art展の開催中。
日曜日ということもあり、けっこう混み合っていました。

常設展示はやはり無料
イギリスのミュージアムの素敵なポイントです^^

が!何も調べてこなかったため、
美術品に疎い私は大量の展示品の中何に注目すべきやら・・・
しかもこのときには疲れがピークに達していたので、
ひとまずカフェで休むことにしました。

tatebritain2
テート・ブリテンのカフェ&レストランです。
雰囲気はカジュアルなカフェテリアという感じ。
大きなチョコレート・マフィンでパワー補給☆


イギリスのミュージアム、
とくに大規模なところはとても全ては観きれません!

持論ですが、
私のような美術に疎い人は、
まずとくに有名な作品は折角の機会ですからじっくり拝み
(だって日本では無料で公開なんてされないお宝ですもの!)、
あとは自分の感覚でなんとなーく気に入った作品に時間を掛けるのが
上手な鑑賞のし方かな~と思います。
欲張って疲れきったら心の栄養も消化不良になっちゃいますし・・・

なので、私は、有名な所蔵品を調べることと、
自分のお気に入り探しをすることは欠かさないようにしています。

Tate Modernならモネの「睡蓮」、
The Wallace Collectionならフラゴナールの「ぶらんこ」、
The Courtauld Galleryなら「アルジャントゥーユのセーヌ川、秋」

・・・結局、お気に入りも有名どころばかりですね笑

英国生活も2年目、もう少し掘り下げていけたらいいな。
Tate Britainにもリベンジしなくては!


結局この日は、芸術鑑賞はそこそこに、
Victoria駅まで向かう道のりに沢山あるチャリティショップを覗きながら
帰路につきました。

物欲が満たされた1日♪w

関連記事
スポンサーサイト
[2012/03/17 10:48 ] | ● ロンドン ミュージアム  | コメント(0) | トラックバック(0)
<<美味しくてお手頃インド料理ランチ♪ | ホーム | アリスのオーディオブック>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://smilemixlibrary.blog28.fc2.com/tb.php/422-b2524a83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。