スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
ヨーロッパの図書館探訪
8月のヨーロッパ旅行(ブログ8/22~参照)の際に訪れた、
各国の図書館の写真を載せたいと思います。
こうして並べると、世界には本当に様々な図書館があるんだなぁ~と実感。
でも「資料を収集する」「人々に情報を提供する」という大きな目的はどこも同じ。
どこもアカデミック且つ皆さんウェルカム☆という共通した空気が流れていたのが面白かったです。


【Zentral Bibliothek Zurich (Central Library of Zurich)】@スイス
チューリッヒ中央図書館
library2010081
library2010082
正面の入口と裏とで印象が全然違い、裏や館内の地上階はモダンで新しかったです。
閲覧室から少し離れたところにカフェが入っていて、
図書館の中庭のような空間がオープンカフェになっています。

【Library of Hadrian】@ギリシャ
ハドリアヌスの図書館
library2010083
library2010084
第14代ローマ皇帝ハドリアヌス帝が132年に建造した図書館。現存は壁のみ。
ハドリアヌス帝がギリシャで建造した公共の建物の中で最も大きいそう。
当時、知を集めた場所の権威がどれだけ高かったのかを感じます。
にしてもこんな貴重な場所、こんな自由に開放しちゃってていいのかな^^;

【National Library of Greece】@ギリシャ
ギリシャ国立図書館
library2010085
library2010086
上の写真は国立図書館に隣接しているアテネ大学で、下が図書館。
ここは知が集約している場所ということで、
アテネ大学前の向かって左側に立つ像は「知恵の女神アテネ」。
右側は理想の青年像とされていた「アポロン神」。

【Szechenyi Konyvtar (National Library of Hungary)】@ハンガリー
セーチェニ図書館(国立図書館)
library2010087
library2010088
かつての王宮が、この図書館の他にハンガリー国立美術館、ブダペスト歴史博物館、ルドヴィック美術館、として使われています。
外観と中央の階段のみ当時(13世紀頃から建設が始まり完成はなんと1950年なのでどのタイミングを指すか微妙ですが)の王宮のまま残し、あとの内装は新しいそうです。

【Klementinum (National Library of Czech Republic)】@チェコ
クレメンティヌム(国立図書館)
library2010089
library20100810
16世紀に建てられた元修道院。ハプスブルク家の手厚い保護を受け、図書館、教会、礼拝堂、天文台と次々に建設され現在はプラハではプラハ城の次に大きな複合建築。
残念ながら工事中で一部の閲覧室のみしか見学することが出来ませんでした。
通常の図書館ツアーでは、「図書の間」「天文塔」等を見学できるそう。
下の写真はクレメンティヌムの絵柄の入ったライブラリーカー?。かわいい!


いつも私の興味に付き合ってくれるサカ君に感謝します
関連記事
スポンサーサイト
[2010/09/17 23:47 ] | ● 図書館 Libraries  | コメント(0) | トラックバック(0)
<<ジャパン祭・Japan Matsuri 2010 @ロンドン | ホーム | Regent's Park(リージェンツパーク)でウォーキング>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://smilemixlibrary.blog28.fc2.com/tb.php/43-30de06fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。