スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
主役はリアル・ビリー・エリオット!
様々な方からお勧め頂いてきたミュージカル、
Billy Ellot ビリー・エリオット」。
サカ君と一緒に、とある記念日に観賞してきました。

billyelliot1
イギリス映画「Billy Elliot 」(邦題「リトル・ダンサー」)のミュージカル版です。
一時帰国時に日本でDVDを手に入れ、予習していた私。
この原作がどう舞台で表現されるのか、とっても楽しみ!

billyelliot2
劇場の名前は「VICTORIA PALACE」。1832年に建てられたそう。
最寄りはVictoria駅です。

billyelliot3
シアターに一歩入ると、そこは別世界!
開場の1時間前に到着し、
電話で予約してあったチケットを窓口で受け取りました。

近くで腹ごしらえし、開場時間の頃にいよいよ劇場内へ。

billyelliot4
ロンドンの古いどの劇場内でも、歴史の重みを感じます。
期待が高まらずにはいられません・・・!

billyelliot5
今回は、前から4列目というかなり舞台に近い席を選びました。
出演者たちの細かい表情まで見えて、大迫力!
全体を俯瞰するには向いていないので好みにもよりますが、
この「Billy Elliot」に関しては、
間近で演技やダンスを見られてかなり満足できました^^

・・・以前観賞した「オペラ座の怪人」(記事はこちら)は、
逆に全体が見える席にして正解だったなぁと思いますが。

ところで、このようなミュージカルは毎日のように、
日によっては1日に昼と夜の2回も公演しています。
当然、キャストは交代する場合が多々あります

この「Billy Elliot」、プログラムを見ると、
主役のビリー役には4人の男の子の名前が挙がっています。
私が観たときは、「Ryan Collinson」という男の子でした。

プログラムには主なキャストたちのプロフィールも載っているのですが、
このライアン、唯一のリアル・ビリー・エリオットだったんです!

他のビリーは勿論、どの子役たちも、
みんな小さな頃からバレー・ダンス・歌・演技等を習ってきた子ばかり。
そんな中、ライアンはというと、
オーディションを受けるまでにそれらの経験はほぼゼロ。
体操を2年習っていたのと、たった8回のクラシカル・ダンスのレッスン、
5週間のサマースクールへの参加のみで、見事主役の座を射止めたのだそう!

劇中のビリーもひょんなことからバレーに出会い、
ロイヤル・バレー・スクール入学のためのオーディションに挑むんです。
エリート教育を受けていないビリーの役に、ライアンはぴったりでした。


映画の原作は終始少し暗い雰囲気だったのですが、
このミュージカルはストーリー自体はほぼ同じにも関わらず、
笑いどころが沢山あって明るくてほぼずっとコミカルな雰囲気。
それでいて感動もできて、評判通り、大満足の内容でした^^

せっかくイギリスが舞台の物語ですし、
ロンドンで何のミュージカルを観ようか迷われる方には、
私は是非「Billy Elliot」をお勧めしたいです♪


関連記事
スポンサーサイト
[2012/04/29 11:49 ] | ● ロンドン 観光名所  | コメント(4) | トラックバック(2)
<<ライムスケールのお掃除 | ホーム | Whittardのアリスシリーズ>>
コメント
いいな~、私もこの舞台観たかった~。バレエ好きのお友達は、メルボルンまで行きましたよ。映画は、ガールズと楽しく鑑賞したのですが、あまりに汚い言葉の連発に、焦りまくりでした(苦笑)。バレエの先生から宿題をもらった次女は、朝からリビングの壁に目印をブルータックで付けて、ターンの練習に励んでおりました。ビリーは、洗面所でやってましたね(笑)。
[2012/04/30 00:15] | URL | rexcookie #- [ 編集 ]
>rexcookieさん
オーストラリアでも公演があったんだねー!たしかに映画は、汚い言葉や暴力的なシーンが多かったね・・・ミュージカルも言葉は若干あったけど^^;、演技や演出の過激さは大分緩和されていましたw
リビングでのターンの練習、ビリーのように物を壊しちゃいませんように★;P
[2012/04/30 20:36] | URL | スミレミ* #- [ 編集 ]
このミュージカル、ストーリーは映画で予習してましたが、スコットランド訛り?(翌日マンマミーアに来ていたサリー州の女性いわくネイティブだって聞き取れないわよ~(笑))だから台詞が聞き取れなくて大変でした。

しかも聞き取れたのは、ビリーのバレエの先生が発したFで始まるお下品な形容詞…という悲しさ。

何年勉強してもゴールはないのが語学ですね。でも劇場も素敵でしたしバレエの場面も幻想的で良かったです。

趣味で始めたバレエの筋肉痛を全身に感じる度に、ステージに立つプロフェッショナルの凄さを思い知らされます。

ヨガよりもピラティスよりもハードでタフなのがバレエのレッスンだと体感中です。
[2012/05/03 04:50] | URL | Sue #- [ 編集 ]
>Sueさん
たしかビリーの故郷はイングランドの北の方なんですよね。
劇中でも、ロイヤル・バレー・スクールのオーディション時に、ビリーのお父さんが何度繰り返しゆっくり喋ってもスクールの係の人が言葉を理解出来ない場面が笑いどころとしてありましたね。
英語ネイティブでない私たちが理解に苦しんでも当然としましょう!笑

バレーをされているんですか!私も「Billy Elliot」や以前に観たロイヤル・バレエに触発されて、将来子どもに勧めてみようかな~なんて思いました(自分ではなく・・・^^;)。バレエ・ダンサーのストイックさには脱帽です。
[2012/05/03 10:22] | URL | スミレミ* #- [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://smilemixlibrary.blog28.fc2.com/tb.php/447-ad7a9aef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
-
管理人の承認後に表示されます
[2013/10/22 19:36]
まとめteみた.【主役はリアル・ビリー・エリオット!】
様々な方からお勧め頂いてきたミュージカル、「BillyEllotビリー・エリオット」。サカ君と一緒に、とあのミュージカル版です。一時帰国時に日本でDVDを手に入れ、予習していた私。この原作がどう舞台で表現されるのか、たそう。最寄りはVictoria駅です。シアターに一歩入?...
[2012/04/29 21:01] まとめwoネタ速suru


| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。