スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
マフィンマンのいた通り
マザーグースの代表的な曲の1つ、The Muffin Man(マフィン売り)。
歌詞に出てくるDrury Lane ドゥルーリー・レーンは、
ロンドンに実際にある通りです。
その昔、マフィン売りが毎日一軒一軒マフィンを売り歩いていたそうで。

場所はCovent Gardenエリア。
Drury Laneでマフィンを食べてみたい!と思い立ち、行ってみました。

drurylane1
みっけ!

drurylane2
通りはこんな様子です。

・・・Aldwych方面からしばらく歩いてみたのですが、
マフィンを扱っているお店が一向に見付かりません^^;
Drury Laneの端までくまなく歩いたわけではありませんが、
途中で諦めました笑。

ちなみに、「マフィン」とは、
平たいイングリッシュ・マフィンのことです(記事はこちら)。
スーパーではよく見掛けるのですが、
そういえばレストランやテイク・アウェイではあまり見掛けないような?

というわけで、
Drury Laneでマフィンを食べるという夢は叶いませんでした><。
そもそも、昔もお店があったわけではなく、
マフィン売りが歩いて売ったんですもんね!

そうそう、マフィン・マンというレストランが、
High Street Kensington駅近くにあります。(記事はこちら
せっかくだから、Drury Laneにも出店すれば良いのにー!
日本なら、ここぞとばかりにマフィンの名所にしますよねw


ついでに、先日通った美味しそうな道、
Sandwich Street サンドウィッチ・ストリートをご紹介^^

drurylane3
この通りには、サンドウィッチメインの軽食屋さんがありましたよー!


関連記事
スポンサーサイト
[2012/05/29 19:58 ] | ● ロンドン 雑記  | コメント(0) | トラックバック(0)
<<街角で見つけた気になったもの | ホーム | 元倉庫街の再開発地区>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://smilemixlibrary.blog28.fc2.com/tb.php/453-e132aaa0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。