スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
宅配の再配達システムがない
宅配で受取人が不在だった場合、
イギリスではどのようなシステムになっているでしょう。

ポーターさんがいる建物では、代わりに受け取ってくださるので問題ありません。

ポーターさんがいない場合。2つの可能性があります。
・荷物が配達業者のオフィスで保管され、受取人が受け取りに行く
・荷物がドアの前に放置される

そう、イギリスには日本で当たり前の再配達システムがないのです。
しかも、例えばオンラインショッピングをした場合、
宅配の日にちを指定出来る場合はありますが、時間までは指定出来ません

私が、初めてオンラインショッピングをしたときのこと。
日本と同じ感覚で、届く時間が分からないので出掛けちゃおう!再配達してもらえば良いし。
と家を留守にし、夕方戻ると、共用のドアの前にダンボールが置かれていました。
もしや・・・と見ると、案の定私宛ての荷物。
誰でも持っていけちゃうし、雨が降れば濡れてしまいます。
こんなのアリ?!と驚きました。

私が、オンラインショッピングで空気清浄機やCDラジカセを購入したときのこと。
さすがに金額も大きいし濡らすわけにもいきません。
仕方がないので、丸一日予定を空けて家で待機していました。

そして、先日。
オンラインでちょっとしたものを購入したのですが、配達日は不明。
どちらにしろ学校も始まり、家で待っているわけにはいきません。
放置されてもまぁいいか・・・と諦めていると、
ある日家に帰ってきたら、不在票が入っていました。
不在票が存在するのか!としたらあの放置プレーは何だったんだ?!
と思いつつ再配達のお願いの電話をしなきゃな~と不在票を見ると、
地図とともにオフィスまで受け取りに来なさいという指示。
受け取り可能な日時は、月~土の7~13時
これでは会社や学校に言っている人はなかなか受け取れませんよね。
いっそ放置してくれた方がありがたかった気もします。

友人は、受け取りに行くとオフィスの人に「これ重いよ!持てる?」
と優しく声を掛けられ、「じゃあ送ってくれる?」と聞くと
「それは無理!タクシー拾って!」と返されたそうです。

日本の再配達のシステム(しかも無料)、大変素晴らしいですね!!
関連記事
スポンサーサイト
[2010/09/29 21:59 ] | ● ロンドン 生活お役立ち?情報  | コメント(0) | トラックバック(0)
<<グリニッジ天文台にて本初子午線を跨ぐ | ホーム | Oyster Cardに定期機能をくっつける>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://smilemixlibrary.blog28.fc2.com/tb.php/55-59bc6488
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。