スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
おにぎりの袋の開け方
先日Piccadilly CircusのJapan Centre(通称ジャパセン)の飲食コーナーで
お昼を食べていたときのこと。

向かい合う形で前の席にイギリス人のサラリーマン風の男性が座りました。
どんな日本食を買ったのかな~とそれとなく見てみると、
おにぎりと巻き寿司
日本人ではなかなかやらない炭水化物の組み合わせ。
とはいえ「日本食はヘルシー!」ということで流行っているのです。

まずは巻き寿司、お箸を使って器用にクリア。

次におにぎり、ここで問題発生

男性が買われたのは、手を汚さず且つパリパリのお海苔が楽しめる日本人らしい工夫の凝らしてあるあのパッケージのタイプ。
パッケージの文字は日本語。
1、2、3という数字と矢印を頼りに、1の部分を途中まで引っ張って破いたところで手が止まり、おにぎりを色んな角度から眺めています。

分かるかなぁ・・・分かるはずないよなぁ・・・
と思い手助けを申し出ると、ほっとしたお顔でおにぎりを差し出されました。

海外に出ると逆に日本を知る、日本を紹介する機会がありますよね。
街角でのちょっとした異文化コミュニケーションでした



ちなみに私が食べたもの↓↓

onigiri1
卵とじカツ丼、6ポンド。
この見た目に大学の売店を思い出し、懐かしくて思わず。
甘じょっぱい味付けがたまらない

onigiri2
抹茶プリン、たしか1.39ポンド。デザートの予定はなかったんだけど・・・
売られているのを見て、味を思い浮かべたらガマン出来ませんでした笑。

関連記事
スポンサーサイト
[2010/10/13 16:33 ] | ● ロンドン 日本食  | コメント(0) | トラックバック(0)
<<LBSお馴染みのパブ Windsor Castle | ホーム | Savile Row -サヴィル ロウ 3番地-  には何がある?>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://smilemixlibrary.blog28.fc2.com/tb.php/67-200dd197
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。