スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
Whittardのアリスシリーズ
イギリスの有名紅茶チェーン
Whittard of Chelsea ウィタード・オブ・チェルシーにて、
大分前からAlice in Wonderlandの茶器のシリーズが発売されています。

↓詳しくは、Whittard of Chelsea公式サイトで☆
http://www.whittard.co.uk/china/china_by_design/collections_alice_in_wonderland

新居に移ってからずっと自分用のマグカップが欲しいと思っていて、
このシリーズのAlice Mug with Key Handleを買いました^^

whittardalice1
「Drink Me」の文字に鍵とは、
まさしくこのカップに描かれている場面のアイテム!
このマグカップで温かい飲み物を飲む度に、
ほっこりしつつ思わずテンションが上がってしまいます^^

whittardalice2
「'Cueiouser and curiouser!'cried Alice    Lewis Carroll」

whittardalice3
裏を見ると、どうやらこのアリスシリーズは2009年から展開しているよう。
もちろんMade in EnglandのFine Bone Chinaです☆


「日本に戻ってからはなかなか手に入らないだろうし」と思うと、
ついつい財布の紐がゆるんでしまいます・・・^^;


[2012/04/28 14:17 ] | ● 不思議の国のアリス  | コメント(0) | トラックバック(0)
Lucky'sのチョコレート
この間Old Spitalfields Marketへ行った(記事はこちら)ときに見付けた、
アリスロゴのチョコレートのストール

springeastendsunday4
Lucky's

じっと見ていたら、試食させてくれました♪
美味しいー!


でも、なぜアリス?

家に帰ってきてから調べると、
「fine delicacies from wonderland」というキャッチコピーのチョコレート屋さん。
どうやらお店も商品もアリスの世界観をイメージしているようです。
ストールで見たラインナップだけでは分からなかった

↓Lucky's Online Shop webサイト
http://www.luckys-online.co.uk/shop/

サイト、とっても可愛い^^
今はイースター前ということで、
とくにハンプティ・ダンプティのチョコが魅力的☆

↓こちらのサイトも興味深かったです
http://www.luckys-online.co.uk/fromwonderland/


専門店があるなら行ってみたい~!と思ったのですが、
どうやらオンラインと企画販売のみのよう?
マーケットでのストール以外にも、
百貨店でのイベント販売もしているようです。

ガマンの限界に達したら買っちゃおかな♪w

[2012/03/28 17:21 ] | ● 不思議の国のアリス  | コメント(0) | トラックバック(0)
アリスのバレエ
Royal Opera Houseにて、The Royal Balletによる
Alice’s Adventures in Wonderland」が現在公演中です。

2012年の公演期間は、3月17日~4月16日の1ヶ月間。
この作品は、昨年より始まったもの。
私は昨年観賞したのですが、
あまりのインパクトに今も鮮明に思い出されます。
そもそも難しい作品を、アリスの生まれた国でバレエにするために、
様々な斬新な試みが取り入れられ、満を持しての公演だったそうです。

私はバレエに全く詳しくないのですが(観に行った記憶がありません^^;)、
不思議の国のアリス好きとして観に行かずにはいられませんでした。

aliceballet1
昨年の今頃、駅構内に貼ってあったポスターです。

実は今年も公演があるとは最近になるまで知らず、
この間たまたま駅で再び同じポスターを見掛け、
思わず立ち止まってまじまじと見てしまいました。
日にちが"2012"になっているのに気付き、
昨年の感動が蘇ってきてうずうずしてしまいました。観たい・・・!

aliceballet2
Royal Opera House内の舞台。
ここで素晴らしいバレエが繰り広げられました。

どのキャラクターも本当に良くて印象に残っていますが、
とくに、赤の女王とキャタピラーさん。
何度でも観たくなってしまう。
DVDは出ているのかしら?
今度Covent Gardenに行ったらオペラハウスに寄ってみよう♪


↓アリス公演の詳細はこちら、Royal Opera House webサイト
http://www.roh.org.uk/whatson/production.aspx?pid=18143



・・・ところで、最近、
著者ルイス・キャロルが残したアリスのミュージカルが、
イギリスでの初演以来126年振りに世界で初めて日本にて上演されたそう。
演者は「四街道少年少女合唱団」。
音楽の楽譜が日本にはなく、
努力の末イギリスから初めて輸入しての公演だったそうです。

↓四街道少年少女合唱団webサイト
http://www.geocities.jp/musichall1710/2011chirashi_1.html

日本にいたら観に行ってたかも^^

このルイス・キャロルオリジナルのミュージカル、
イギリスではもう行われないのでしょうか?
これも是非観てみたい!!


[2012/03/22 12:40 ] | ● 不思議の国のアリス  | コメント(2) | トラックバック(0)
アリスのオーディオブック
前回の記事(記事はこちら)の続きです。

Pimlicoのカーブーツで、20ペンスで購入したもの。

aliceaudiobookbyalanbennett1
Alice in Wonderlandのオーディオブック(CD)です。

朗読者は、Alan Bennett氏。
調べてみると、
朗読の他に、俳優や劇作家としても活躍されているそうです。
彼のオーディオブックで有名なものには、
アリスの他に、「Winnie-the-Pooh」もあるそうです。

今初めて聴きながら書いているのですが、
とっても分かりやすい♪
それに、なんとも魅力的な声。
男性の語り手だと、
ルイス・キャロルもこんな風にアリス達に語りかけたのかな~
なんて思えて、尚更興味深いです^^


このCDは、カーブーツの会場を出かけたときに、
出入り口近くのストールの台の下(つまり地べた)に転がっているのを
たまたま見付けたものです。

私が手にとってじっと見ていると、
「それは20ペンス」と若い女性の売り手さん。

運命の出会いに感謝


[2012/03/16 17:43 ] | ● 不思議の国のアリス  | コメント(0) | トラックバック(1)
World Book Day - イギリスの場合
外を歩いていると、とある書店のショーウィンドウ内にアリスを発見!!

worldbookdayalice1
worldbookdayalice2
子どもの手描きで可愛い

なんのイベントだろう?と説明を探すと、
World Book Day - Book cover designs by pupils」
とのこと。

World Book Day???
家に帰って調べてみると、
UNESCOによって定められた世界的な読書/図書の日で、
日本でいう4月23日の「子ども読書の日」に相当するようです。

イギリスでは英語名のWorld Book Dayのままなんですね。
でもでも、イギリスの公式サイトを見ると、
どうも日にちは2012年3月1日
それ以外の概要はUNESCOのそれと同じように見えるのに・・・
なぜ???
4月23日という日にちには世界的にちゃんと意味があるんです。
なぜ3月1日なのか、ご存知の方いらっしゃったら是非教えてください!


英国World Book Day公式サイト: 
http://www.worldbookday.com/about/


小さなお子さんがいないとあまり関係ないかもしれませんが、
World Book Dayには様々なイベントが行われるようです。

18歳までの幼児・児童・生徒たちにはトークンが配られ、
そのトークンを書店に持っていくと、
指定の図書の中から好きな1冊を無料でもらえたり。
または1ポンド割引券として使って好きな図書を買えたり。
国中のかなりの書店が協力するようですが、
以下のサイトで協力店を検索することが出来ます。
http://www.booksellers.org.uk/World-Book-Day-Search.aspx

他にも、
iPhone、iPad、iPod Touch用のアプリが登場するそうです。
携帯端末上でショートストーリーを読めたり、
iBookstoreにて催される生中継の著者イベントを観覧できたり。

オンラインフェスティバルも開催されるそうです。
レジスターしておけば、
作家と画家によるイベントをコンピュータを通して見られるようです。

「紙か電子か」「子どもは紙媒体を」と主張するのではなく、
時代の流れを読んで、柔軟に読書/図書の促進を図ろうと、
新たな試みをしているところにとても好感が持てます^^

そして、私が1番注目してしまったイベントは、
Storytelling Superstar
なんと、UK1のストーリーテラーを決定するそうです!
誰でも参加可能で、方法も簡単、
1~2分の読み聞かせ映像を自分撮りして、
専用のアカウントでYoutubeにアップするだけ。
審査員にはなんと、グラファロシリーズの著者Julia Donaldsonの名もあります☆
司書の血が騒ぐ~と思ったのですが、
残念ながら応募は2月12日で締め切られていました。w

日本でも、こんなイベントがあったら面白そう!
子どもたちへの読書/図書促進だけでなく、
司書やその他本に関わる人たちの能力向上や、
業界全体の活性化にも繋がるんじゃないかなぁと思います。


worldbookdayalice3
子どもたちの手作りブックカバーの下には、
様々な図書もディスプレイされていました。

この中にアリスが入っているところが、
やっぱりイギリスだなぁ~と嬉しくなってしまいます^^


3月1日、子どもはいないけれど楽しみ♪


[2012/02/26 18:20 ] | ● 不思議の国のアリス  | コメント(0) | トラックバック(0)


<<前のページ | ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。