スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
Oxford Streetに漂う甘~い香り
Oxford StreetのBond Street駅近くで、
甘~い香りに気付いたことはありませんか??

香りの元はこちらのお店↓↓

waffle1
テイクアウェイ専門のベルギーワッフル屋さん

いつも引っ切り無しにお客さんがいて、
お店の周りでは立ったままほかほかのワッフルを頬張る人をよく見かけます。

いつも気になって横目で見つつ素通りしていたのですが、
先日初めて買ってみました!美味しそうな香りについに負けました^^;

waffle2
Traditional Belgium Waffle(1番シンプルなワッフル)1つ2ポンド。

トッピングの種類が豊富で、その豪華さで金額も変わります。
チョコとかジャムとかアイスとか・・・
でもこのシンプルなワッフルも、イギリスにしてはきつ過ぎない甘さで、
シンプルにとっても美味しかったです♪温かさも嬉しかった♪

小腹が空いたらまた食べたいなぁ
[2010/12/01 21:09 ] | ● ロンドン その他 食  | コメント(0) | トラックバック(0)
雪の降る日は温かい紅茶を
今日はこの話題を書かずにはいられません!


novembersnow1
IIELに向かう途中の坂道。(雪のせいかバスが全然来ないため頑張って歩く=3)

novembersnow2
学校到着!傘をさしていても洋服は雪まみれ。手はかじかむ。
それでもカメラを向けずにはいられない銀世界!

novembersnow3
別の角度からもw

11月にこんなに雪が降るのは、ロンドンでは異例のことだそう。
雪の景色は綺麗で好きだけれど、異常気象だと思うととても心配です・・・

novembersnow4
お昼に入ったお店では、暖炉の前の席に案内してくれました。粋な計らい。
本物の火、あったかかった~

とはいえ、家に帰る間にまた冷える。。。
「紅茶を飲んでほっと温まりたい・・・」と思いを馳せる雪の帰路。
帰宅後すぐにお湯を沸かしてTWININGS(トワイニング)を淹れました。

↓のようなパッケージの紅茶で、今日のフレーバーはgreen tea with ginger(緑茶 with 生姜)
・・・紅茶じゃなくて緑茶じゃんそういえば(!!)笑。
日本人からするとかなり邪道な緑茶ではありますが、
生姜がぴりっと効いていて身体が温まる感じがするので気に入っています。
日本人の友人のお家で頂いて以来、生姜入りのものにはまっています。

英国直輸入トワイニング紅茶アールグレイ英国直輸入トワイニング紅茶アールグレイ
()
トワイニング

商品詳細を見る


私は紅茶初心者なので、トワイニングのティーパック、十分美味しく頂けます。
ロンドンのスーパーには紅茶のティーパックがとっても沢山売られていて、
いつも選ぶのが楽しみです。(気付けば家に5種類ほどストックがありますw)
online shopのページでも色んなフレーバーをチェック出来ます。
TWININGS(トワイニング) HP
勿論他にも色んなメーカーがありますw

ちなみに、↑のような1パックで1~3ポンド(150~450円)くらいです。
アマゾンで日本でトワイニングを買うと、大抵1000円は超えてしまうようです。
ロンドンの皆さん、買うなら今ですよー!
[2010/11/30 18:05 ] | ● ロンドン その他 食  | コメント(2) | トラックバック(0)
りんご飴ってworldwide!
りんご飴は日本の食べ物だと思い込んでいた私。

@ロンドン(イギリス)
ringoame1
ハロウィン前、ロンドンのとあるスーパー(grocer's shop)の店先にて。
これ、りんご飴ですよね!

@パリ(フランス)
ringoame2
そしてこちらはディズニーランドパリのパーク内にて。
少年の視線の先に、りんご飴!!

ロンドン、パリともに「toffee applesタフィー・アップル」という名前。調べると、
ドイツでは「paradiesaepfel」とか「kandierte aepfel(飴りんご)」らしいです。
中国には「糖葫芦(タンフールー)」というサンザシの実を飴で固めたものが古くからあるそう。

ちなみに、数年前に行ったこちらにも・・・
@バンクーバー(カナダ)
ringoame3
撮影時にはりんご飴だとは気付いていませんでした笑。
「アメリカではりんごをキャラメルでコーティングしている」という情報を得て、
そういえば!と思い出しました。

・・・りんご飴って、worldwideな食べ物なんですね~!!

ドイツ(ゲルマン民族)でのクリスマスに因んだ誕生説と、
中国にとても古くから存在する糖葫芦が元となっているとする説
と、
起源についてはこの2つの説が有力なようです。
残念ながら大元の起源を1つに断定した情報は、
私は今のところ得られていません。ご存知の方ぜひ教えてください^^

ドイツと中国、どちらかが真似をしたのではなくそれぞれで誕生して広まっていったのかな~と今のところ予想しています。
そして日本はきっと中国の糖葫芦を真似たんじゃないかと。

とっても興味深いりんご飴
[2010/11/02 18:30 ] | ● ロンドン その他 食  | コメント(0) | トラックバック(0)


<<前のページ | ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。