スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
湖水地方ツアー 2日目
1日目(記事はこちら)は湖水地方の主に南のエリアを観光しました。
2日目は、観光ツアーはあまり組まれないという大自然の北のエリアへ。

lakedistrict2ndday1
ホテルの朝食は、イングリッシュ・ブレックファースト。
もりもり食べて、お迎えのミニバスに乗り込み、出発です!

通りがけに橋の上に立つ家Bridge House ブリッジ・ハウスを見つつ、
まずは1日目に引き続き早速寄り道♪Grasmere グラスミアの名物、
Grasmere Gingerbread Shop グラスミア・ジンジャーブレッド・ショップへ。

lakedistrict2ndday2
可愛らしい小さなお店♪
外にまで何とも言えない甘くてスパイシーな香りが漂っていました。
店員さんにガイドさんがお願いすると試食をさせてくれ、
独特の味と食感に1口目は戸惑いつつも、
2口目からはどんどんハマってしまうような癖になる美味しさ。
19世紀から門外不出の秘伝のレシピなのだそうです。
お土産に6ピース入りを購入し後日自宅でも楽しんだのですが、
電子レンジで温めてから食べたらさらにさらに美味しかったです^^

お店の隣には、小さな教会があります。そこには、

lakedistrict2ndday3
詩人ワーズワースの家族のお墓もありました。

ミニバスはどんどん北を目指します。

lakedistrict2ndday4
途中、こんな自然の滝があったり、
放牧されている羊や牛はもちろん、野生のウサギやキジにも出会ったり。
観光客の姿も徐々に減り、マイナスイオンたっぷりな山道です。

途中、湖水地方唯一の人造湖(ダム)、Thirlmere サルミア湖を通りました。
近隣のマンチェスターのために自然が切り裂かれたことで、
湖水地方ではこれをきっかけに自然保護の運動が盛んになったとか。
皮肉なことではありますが、この湖の建設がなかったら、
湖水地方全体の自然はもっと破壊されていたかもしれません。

サルミア湖の近くは、一部赤リスの保護区に指定されていました。
赤リスは、イングランドに元々広く棲息していたリスですが、
途中から入ってきた灰色リス(ロンドンでもよく見掛けるタイプ)の方が強く、
絶滅の危機に晒されているのだそう。
ミニバスの中から目を凝らしましたが、残念ながら見付かりませんでした><

Keswick ケズイックの町を通り、
Derwent Water ダーヴェント・ウォーター湖のほとりにてミニバスを下車。
お待ちかねの、レイク・クルーズ!・・・だったんですが、
あいにくの大雨^^;気温はこのとき約5度。
湖水地方は夏の避暑地なだけあって5月でもまだまだ寒く、
その上イングランドで最も降水量の多い地域なのだそうです。
1日中晴天、なんていうことはまず無いとのこと。
皆さん、天気に関しては期待値を下げて行きましょう!
そうすると、束の間の晴れ間がとてもありがたく思えます^^
昨日は晴れて本当にラッキーだったんだなぁ~♪

クルーズの後、運転手さんが雨を不憫に思ったのか、
またまたツアーに組まれていない場所に寄ってくれました。
Ashness Bridge アッシュネス・ブリッジと、そのさらに山を登ったところにある・・・

lakedistrict2ndday5
lakedistrict2ndday6
Surprise View サプライズ・ビュー
道路脇の舗装されていない道を少し奥へ行くと、そこは切り立った崖。
急に視界が開け、この息を呑むような眺望・・・ 絶景でした。
初めてここを見付けた方が、
あまりの美しさに驚き何も言えなくなったことからこの名が付いたそう。納得。
雨のお陰で霧が出ていて、それはそれでとても幻想的でした。
ちなみに、眼下に広がるのは先程クルーズをした湖です。

後ろ髪を引かれながら、ミニバスにて次なる目的地へ。

lakedistrict2ndday7
途中、名物羊のHerdwick ハードウィックの顔を激写!
目が離れ気味で口角が上がっておりスマイルしているように見えるのが特徴。
その可愛らしい顔ゆえにキャラクター化され、グッズまで発売されています。
癒し系のゆるキャラ羊、日本でも流行りそう?!

周りの山は、相変わらず羊はいるものの、
徐々に鉱石を見掛けるようになってきました。

lakedistrict2ndday8
Honister Slate Mine ホニスター・スレート採掘場にて下車。
鉱山の中にある現在も稼動している採掘現場です。
カフェや鉱石で出来たお土産物のお店もありました。
また、鉱石を加工している工場の中もちらっと見学出来ました。

ミニバスで更に山を登ります。

lakedistrict2ndday9
Buttermere バターミア湖Moss Force モス・フォースの滝(多分)。
本格的な装備でこの辺りをハイキングされている方々を見掛けました。

lakedistrict2ndday10
峠のてっぺん?でもう一度下車。圧巻の大自然。
この何かが通ったような地形は、溶けた氷河が通った跡なのだそうです。

ミニバスは一旦山を下り、また自然の中へ。

lakedistrict2ndday11
Castlerigg Stone Circle カッスルリッグ・ストーン・サークル
ストーンサークルは有名なストーンヘンジだけではないんですね!
しかもここはストーンヘンジと違って、石に触れることも出来ます。

大自然のパワーを存分に吸収し、再びグラスミアへ。

lakedistrict2ndday12
ツアー最後の目的地、ワーズワースが暮らした家Dove Cottage ダブ・コテージ
なんと雨が止み、晴れてきました!気温も上昇。わーい♪

こうしてホテルのあったウィンダミア湖沿いの街ボウネスに戻り、
自由時間となりました。

lakedistrict2ndday13
迷わず向かった先は、The World of Beatrix Potter ビアトリクス・ポターの世界展
ピーターラビットのアトラクションのある施設です。

lakedistrict2ndday15
まずは併設のカフェレストランで遅めのランチ。

lakedistrict2ndday14
店内にはピーターラビットシリーズに出てくるキャラクターが沢山隠れていました。
棚の上を見上げるとネズミと目が合ったり、写真にもさり気なく猫がいますよね^^

いよいよアトラクションです♪ここでは多くの日本人観光客と遭遇w

lakedistrict2ndday16
いきなり迎えてくれたのは、私ごひいきの「あひるのジマイマ」!

lakedistrict2ndday17
きゃ~~~ ジマイマ、きつねどんに騙されないで><

・・・という感じで、ストーリーを知っているとより楽しめると思います。

lakedistrict2ndday19
木の窪みを覗くとネズミの生活が垣間見えました♪
こんな感じで随所に工夫が凝らされていました。そして日本語対応ばっちりw

lakedistrict2ndday18
途中、お庭に出られるようになっています。
このお庭で採れた新鮮食材が先程のカフェレストランで使われているそうです。

lakedistrict2ndday20
最後はやっぱり、ピーター!

ツアーの特典バウチャーで、
ピーターラビットのフレーム付き記念写真を無料で頂けました。
そしてギフトショップでジマイマのマグネットをお土産にゲット。
アリス好きの私、、浮気ではないんです、決して。。><。

lakedistrict2ndday21
ボウネスの街並みです。
チェーン店のカフェCOSTAにて夕食用の軽食を買い、
集合場所のウィンダミア湖畔へ。

時間ぴったりにピックアップされ、
Oxenholme オクセンホルム駅まで送って頂き、帰路につきました。

lakedistrict2ndday22
車窓からののどかな景色は飽きることなくずっと楽しめてしまいます^^
放牧されている動物(とくに羊)は、意外とロンドンの約20分手前まで見掛けました。

イギリスのカントリーサイド、とっても素敵です♪
大満足の2日間でした。



*******************************
湖水地方1泊2日 手ぶらの旅
詳細→ H.I.S. London


1日目(記事はこちら
2日目(本記事)



[2011/05/30 15:38 ] |    The Lake District | コメント(0) | トラックバック(0)
湖水地方ツアー 1日目
5月中旬、The Lake District 湖水地方へ行ってきました。
イングランド北部にある、山と湖に囲まれた昔ながらの避暑地です☆
『ピーターラビット』シリーズの誕生した場所としても有名です。

HISさんの日本語ガイドさん付き1泊2日の全部おまかせの楽なツアーですが、
それでも事前に知識を持ってより楽しめるようにと思い、
前日に映画『ミス・ポター』を観て予習をしてから出発しました^^
ピーターラビットの作者ビアトリクス・ポターの半生を描いた映画です。

ミス・ポター [DVD]ミス・ポター [DVD]
(2010/08/27)
レニー・ゼルヴィガー

商品詳細を見る

これ、普通にかなり楽しめました!
時々ブリジットを髣髴とさせるレニーがやっぱりキュート^^
オススメです!とくに、湖水地方へ行かれる方・行かれた方は是非。

それでは出発☆
ロンドンのEuston ユーストン駅から列車で約2時間半、
まずはLancaster ランカスター駅に到着です。

降り立ったホームで出迎えてくれたガイドさんと他のツアー参加者と共に、
ここから専用のミニバスにて湖水地方へ向かいました。

lakedistrict1stday1
駅のすぐ近くにある、ランカスター城にちょっと寄り道。
今も現役の監獄なのだそう。。すっごくリアルですよね><
でも実は近々監獄の役目を終えるため、囚人の引越しが控えているとか。

lakedistrict1stday21
イギリス史に登場する「薔薇戦争」の「ランカスター家」の"ランカスター"は、
この地のこと。そのため街の色々なところで「赤ばら」を目にします。

可愛らしいランカスターの街並みを抜けると、

lakedistrict1stday2
車窓に広がる景色が、だんだんそれっぽくなってきました♪
白く点々と見えるのは、ぜーんぶ羊さんです

いよいよ、丸ごと国立公園に指定されている湖水地方内に到着です。

lakedistrict1stday3
まずは、イングランドで最も長い湖Windermere ウィンダミア湖にて記念撮影。
天気が良くて、本当に良かった~^^

次の場所は、この日の天気と時間の都合で、特別に寄ってくれたそうです。
ラッキー♪

lakedistrict1stday5
Wray Castle レイ城と可愛らしいブルーベルのお花たち。
ここはビアトリクス・ポターが家族と共に湖水地方での夏を初めて過ごした場所
元々はお金持ちの男性が奥様のためのサプライズプレゼントとして造った建物で、
本当のお城として使われたことはないのだとか。偽物のお城。
すーっっごく豪華なプレゼントですよね~☆
でも肝心の奥様は、「なんて悪趣味な!」と仰り受け取らなかったそうですw

lakedistrict1stday4
レイ城は、ウィンダミア湖を見下ろすのに絶好の場所でした☆

ミニバスは移動し、
ビアトリクス・ポターがロンドンから湖水地方へ移住したのちに暮らした、
Near Sawry ニア・ソーリー村へ。

lakedistrict1stday6
ビアトリクス・ポターの家、Hill Top ヒル・トップです。
数々のピーターラビットシリーズのお話がここで生まれていて、
挿絵の中に実際に描かれているモデルが今も沢山残っています
お家までの自然に囲まれたこの道も、まさしく物語に出てくるままですね!

今回のツアーではお家の中への入場も含まれていて、
中では自由行動だったのでゆっくりと見学することが出来ました。

ビアトリクス・ポターには珍しい風景画や、
父・母・弟それぞれが描いた絵が壁に飾られていて、必見です。
家族の皆さん、上手すぎます!上流階級の嗜みだったんでしょうね。

本よりも前にピーターラビットが描かれていたある少年への「絵手紙」も、
展示されていました。でもレプリカ。本物はどこにあるのか聞いたところ、
ロンドンのV&Aミュージアムなのだそうです。・・・なるほどw

当時からある、建物の前のお庭(畑?)にも入ることが出来ました。

lakedistrict1stday7
畑の中に、あひるのジマイマの卵が隠れているという遊び心を発見^^

lakedistrict1stday8
そしてそして!この辺りに住んでいるという野うさぎに遭遇できました!
まさしくピーター!!

お土産屋さんも覗き、ミニバスのある駐車場へ。
そこから見えたこれらの建物、

lakedistrict1stday9
左側は挿絵のモデルとなっている元郵便局で、
右側はビアトリクス・ポターと夫ウィリアム・ヒーリスが晩年暮らしたお家です。

またまたサービスで(なんてフレキシブルなツアー!)、
移動中にちょこっと寄ってくれたのが、

lakedistrict1stday10
Esthwaite Water エスウェイト湖。逆光ですが、水面がきらきらしていて綺麗。
ビアトリクス・ポターが最も愛した湖と言われているそうです。

次の目的地は、ニア・ソーリー村のお隣、Hawkshead ホークスヘッド村です。
見所が点在しているので、村の中を歩いてしばらく散策しました。

lakedistrict1stday11
湖水地方の詩人、ワーズワースが通ったGrammar School グラマースクール
当時は主要科目がラテン語とギリシア語だったため、
"グラマー(文法)"スクールという名前なのだそうです。

lakedistrict1stday12
Beatrix Potter Gallery ビアトリクス・ポター・ギャラリー
こちらの建物は元々、弁護士だった夫ウィリアム・ヒーリスの事務所でした。
現在は、かなり貴重なピーターラビットシリーズの原画が展示されている、
小さなギャラリーになっているそうです。
残念ながら、入場する時間はありませんでした><
ウィリアムは、ニア・ソーリー村から約3kmの道を自転車で通っていたそうです。

lakedistrict1stday13
湖水地方の名物?、「Kendal Mint Cake ケンダル・ミント・ケーキ」を、
ローカルな郵便局で購入し食べてみました。
ミントが苦手な私は、なんとも歯磨きを食べているような気分に。。^^;
でも、旅先では経験しての後悔の方がせずに後悔よりも良いですからね!w

ミニバスに再集合し、今度はConiston Water コニストン湖へ。
・・・このとき一瞬天気が悪く、あまり良い写真は撮れなかったため割愛w

lakedistrict1stday15
そして1日目の最終目的地、Tarn Hows ターン・ハウズ
2日間のツアーの中で、
イメージしていた「湖水地方」に最も近い湖のある風景でした。
ここで時間を気にせず過ごしてみたいな~・・・
それが出来ないのが、ツアーの弱点ですね><
でも車を運転出来ないので、自力でここまで来るのは難しい。。
公共の交通手段があまりない場所では、やっぱりツアーが好きです。

・・・一応、歩いて回るという手段もありますね。
湖水地方は、イギリス人のハイキングをする場所としても有名です。
歩行者専用の道が、湖水地方中に張り巡らされているそうです。

lakedistrict1stday14
このようなFoot path フット・パスの看板が、歩行者用の道の目印。

lakedistrict1stday16
お腹周りだけ白いベルトをしているような白黒の牛
(名前何だっけ?スコットランドが原産らしいですが湖水地方にもいます)と、
湖水地方名物の灰色の羊Herdwick ハードウィックのお肉を、
その場で焼いてくれるバーガーの屋台がありました。

lakedistrict1stday17
生え放題の無数のワラビを見ながらw、
ミニバスに乗り込む前にみんなで腹ごしらえ。
イギリス人は、ワラビには毒?があって食べられないと思っているそうです。
あくのことですかね。重曹を使えば抜けるのに。勿体ないー!

ミニバスでホテルまで送ってくれて、
その上ガイドさんがチェックインまでしてくれました。至れり尽くせり。

lakedistrict1stday18
お部屋は、ウィンダミア湖が見えるレイクビューの角部屋でした。わーい♪

外はまだまだ明るい!
夕食をとりに、Bowness ボウネスの街へ。

lakedistrict1stday20
湖水地方の郷土料理のお店に目星をつけていたのですが、
美味しそうな湖近くの中華料理屋さんに惹かれてしまい、あっさり変更w

lakedistrict1stday19
美味しい食事でお腹いっぱいで大満足の食後、
ウィンダミア湖をもう一度間近で拝んでからホテルへ戻りました。

盛り沢山の1日目、おしまい。



*******************************
湖水地方1泊2日 手ぶらの旅
詳細→ H.I.S. London


1日目(本記事)
2日目(記事はこちら



[2011/05/29 22:06 ] |    The Lake District | コメント(0) | トラックバック(0)
観光バスツアー2 ストラトフォード・アポン・エイヴォン
今回のツアーの最終目的地、
Stratford-upon-Avon ストラトフォード・アポン・エイヴォン
街の特色は、なんといってもWilliam Shakespeareウィリアム・シェイクスピア

stradforduponavon1
まずは、シェイクスピア夫人一家の暮らしたお家、
Anne Hathaway's Cottage アン・ハサウェイの家にお邪魔します。

stradforduponavon2
お家の近くまで来た頃から、霧がもくもく。
お土産屋さんや受付の建物の屋根にはなんだか可愛らしい苔たち。もこもこ。

stradforduponavon3
この霧、痛いくらい冷たい!"frozen fog(もしくはice fog)"というそうです。
でも、歴史のあるお家が霧の中に建っている姿はなんとも幻想的。
晴れている日もとっても素敵なんでしょうけどw

stradforduponavon4
屋根は茅葺き。日本特有のものかと思いきや、世界中に見られるそうです。

アン・ハサウェイの家の中は撮影禁止。
15世紀の梁や16世紀の家具が、今も大切に保存されていました。
何気なく飾られている食器についてや何故ベッドが小さいのか等、
ガイドさんの解説の助けもあって
(ガイドさん(許可を受けた人)は家の中の物に触れて良いそうです)、
シェイクスピアの時代のイギリス一般家庭の暮らしぶりが思い浮かびました。

さらにバスで10分程移動。

stradforduponavon5
Henley Street ヘンリー・ストリート、綺麗な通りですね。
お店をきょろきょろ見つつ歩いていくと、見えてきましたよ~!

stradforduponavon6
Shakespeare's Birthplace シェイクスピアの生家
右隅に写っている修学旅行のような集団と一緒になってしまい、
騒がしかったのがちょっと残念^^;

シェイクスピア生家の中はやはり撮影禁止。
こちらも当時の生活や、
シェイクスピア父の手袋工房の様子が再現されていました。

修学旅行集団との時間調整のためか、
併設されているシェイクスピア・センター(ミュージアムのような施設)は
駆け足で通り過ぎねばならず、残念。
出発時刻まで自由行動となり、街を散策しました。

stradforduponavon7
Harvard House ハーバード・ハウス
(上部に棒の突き出た右側の家。時々この棒にアメリカ国旗が掲げられるそうです。)

アメリカのハーバード大学の創設者、ジョン・ハーバードの母が暮らしたお家です。
こちらは現在ハーバード大学のものとなっていますが、
管理はシェイクスピア財団に委ねられているとのこと。
ジョン・ハーバードの両親のキューピッドはシェイクスピア、という説もあるとか。
欧米諸国の繋がりや、イギリスの学問の歴史にしばし思いを馳せました。


今回も、大満足なバスツアーでした



*******************************
オックスフォード・コッツウォルズ・ストラトフォード1日観光
詳細→ マイバス ロンドン


オックスフォード(記事はこちら
コッツウォルズ(記事はこちら
ストラトフォード(本記事)


[2011/02/20 13:09 ] |    Cotswolds・Stratford-upon-Avon | コメント(0) | トラックバック(0)
観光バスツアー2 コッツウォルズ
蜂蜜色の村々、Cotswolds コッツウォルズ
なんだか時間がゆっくり流れているみたい。

今回のバスの旅では、昼食を兼ねて、
コッツウォルズのうちバーフォードという村に立ち寄りました。

thecotswolds1
なぜ「蜂蜜色」と言われているのかというと、
コッツウォルズを特徴付けている建物の色がその由来です。
写真ではちょっと分かりにくいかな?^^;
独特で温かみのある黄色がかった素敵な色の建物たち。住んでみたい~♪

thecotswolds2
お店は好きなところでということで、私たちはこちらのパブにてパブランチ
昼間からイギリス名物のギネス(黒ビール)にも挑戦してしまいましたw

バーフォードの他に、ストウ・オン・ザ・ウォルドモートン・イン・マーシュ
車窓から見学しました。

コッツウォルズは、ロンドンから車で2~3時間。
最近はセレブの別荘地としても注目されているそうです。
期待以上の可愛らしい村々でした
車でもっとじっくり気ままに回ってみたくなっちゃったな♪


次は、シェイクスピア縁の地 ストラトフォード・アポン・エイヴォン。



*******************************
オックスフォード・コッツウォルズ・ストラトフォード1日観光
詳細→ マイバス ロンドン


オックスフォード(記事はこちら
コッツウォルズ(本記事)
ストラトフォード(記事はこちら


[2011/02/19 22:18 ] |    Cotswolds・Stratford-upon-Avon | コメント(0) | トラックバック(0)
観光バスツアー1 バース
バスツアーの最終目的地は、お風呂(bath)の語源とさている街、Bath バース

bath1
自然ばかりの風景が一変!車窓に突如現れた美しい街並み。
街だー!街だー!!

bath2
エイヴォン川には3つのアーチが素敵なPulteney Bridge パルトニー橋が架かり、
街中のあらゆる建物は特産のバースストーン色で統一。
バース、期待以上の美しさです。

bath3
観光の目玉、Roman Baths & Museum ロンドン浴場博物館
今回のバスツアーにはこちらへの入場が含まれています。入場後は自由行動。

bath4
現在入浴は出来ませんが、古代と変わらず温泉は湧き続けているそうです。

bath5
オーディオガイドによると、上のガイドブック等でよく見る大きなお風呂ではなく、
本当はこちらの小さなお風呂のお湯が源泉なんだとか。

bath6
bath7
展示エリアでは、
ローマ人がここに温泉地を建設した頃の貴重な資料を数多く見ることが出来ます。

オーディオガイドの説明を熱心に聞きすぎたせいか、
博物館の見学のみで時間切れ(スタミナも切れました^^;)。
欲を言うと、バースの街散策をもう少ししたかったなぁ~~~☆

ところで、バースあるいはローマへ行かれる前にこの↓漫画を読むと、
観光をより楽しめるのではないかと思います^^(結構クセがありますがw)
ローマ人の風呂技師さんが現代の日本のお風呂等にタイムスリップし、
ヒントを得てローマのお風呂を発展させていくお話です。

テルマエ・ロマエ II (ビームコミックス)テルマエ・ロマエ II (ビームコミックス)
(2010/09/25)
ヤマザキマリ

商品詳細を見る



もりもり盛り沢山な日帰りバスツアーでした!
満足



*******************************
ウィンザーバース・・ストーンヘンジ1日観光
詳細→ マイバス ロンドン

[2011/02/15 21:55 ] |    Windsor・Stonehenge・Bath | コメント(2) | トラックバック(0)


<<前のページ | ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。