スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
猫ちゃんCM撮影地☆IKEA Wembley店へ
日本でもすっかりお馴染み、スウェーデン発の家具屋さんIKEA
Paddington駅(zone1)から出ているバス1本(たしか332)で行けちゃう、
北ロンドンにあるWembley店へ行ってきました。

ikea1

こちらの店舗、「猫好きにはたまらない
と日本で話題になっている、イギリスで今も(多分)放映中のIKEAのCM撮影地です。
詳しくは「IKEA CM 猫」で検索してみてください♪

ikea2
早速ショウ・ルームからスタート!(実は私、日本も含めて今回がIKEA初体験★)

面白いシステムですね~ ショウ・ルームのディスプレイを見ながら選び、
商品情報を控え、ストック(倉庫?!)のエリアで自分で品物を見付けて、
レジまで持っていく。広い店内、なかなか気力と体力が要ります。

お客さんにやってもらう(=人件費を削る)ことも安さに繋がっているんですね、
買う方は大抵安さを求めてIKEAに来ているから、合理的な方法だと思いました。
とっても疲れたけど・・・^^;

ikea3
とくに子ども用のディスプレイに反応しちゃいましたw可愛い!

ikea4
2段ベッド、幼い頃憧れたなぁ~☆とくにこのトンネルみたいなやつ楽しそう!

一通り見て買いたい品の目星がつき、(さすがにまだ子ども用品は買いませんw)
ショウ・ルームと同じフロアにあるカフェ・レストランでちょっと休憩。
ikea5
当たり前ですが、カフェ・レストラン内も"IKEAっぽい"ですね!

ikea6
小腹が空いたのでKid's meal(お子様ランチ的なもの)を食べました。
せっかくスウェーデン発のIKEAなので、スウェーデン料理のミートボール
・・・とイギリス料理(?)のチップス。
臭みのないミートボール、久々だったしすっごく美味しかった~
しかもこちらのプレート、お値段1.75ポンド!食べ物も安いIKEA!

エネルギー補給後、ストックのフロアでカートに買う物を入れていると、、、
クリスマスグッズのコーナーにて。
ikea8
・・・藁人形?笑。もしくはお正月飾りに見える。。

ikea7
重たいカートを押しながら最後のいかにもな倉庫のエリアも通り、
ようやくお会計。

そして、
ikea9
お得意のキャリーバッグをこのような状態にして家路につきましたw
もちろん宅配サービスもありますが、このくらい運べますもの

flatがfurnishedとはいえ、「こういう入れ物がほしいな~」等の欲も出てきます。
かといって期間限定生活だから、高い物を買う気にはなれません。
そんな私を、IKEAが満足させてくれました☆

店舗情報等はこちらから→ IKEA Wembley店 HP

[2010/12/14 23:21 ] | ● ロンドン 家・家具・家電  | コメント(7) | トラックバック(0)
家の中でネズミさんと遭遇!
ネズミさん。ハムスターと思えば少しは可愛く思えてくる?

テレビでこのアニメを観ていたら、
ちっちゃなジョージが家の中で出会った気弱なネズミさんを助けてあげていました。
少なくとも日本のクモやゴキとはちょっと違う位置づけなのかな(と信じたい)。。

George Shrinks [DVD] [Import]George Shrinks [DVD] [Import]
(2005/02/21)
Tracey MoorePaul O'Sullivan

商品詳細を見る


茶色くて小さかったそうです、サカ君曰く。
それが床を走ったそうです。
鉢合わせしたサカ君とネズミさんはお互い驚いて、
お互い逆方向に走って逃げたそうです、漫画みたいに。

家の中に出ました
いや~驚いた。

扉を閉め途方に暮れた私たち。
叩いたり捕まえたりするわけにもいかないし><
救いを求めて大家さんに電話

こんなアイテムを持ってきてくれました。

mouse1
ネズミさんの嫌いな音を出す道具。電源が必要。
ちなみに、人間にも若干耳障りな音。。

mouse2
ネズミさんの嫌いな匂いのするボール。床に転がして使用。
ちなみに、人間も全く好きになれない匂い。。

そして大家さんは穴を探してくれたのですが、それらしき通路は見付からず。
ちょーっとだけ開いてる小さな穴らしきところに、一応シリコンを詰めてくれました。
駆除業者じゃなくても出来るこんなに色んな対策があるんですね。

=================================

・・・という出来事が、私が胃腸風邪で寝込んでいる間に起こりましたw
もうすっかり元気!

ところで、サカ君が遭遇した1回以降ネズミさんは姿を現しません。
どこに行ったんだろう
[2010/10/19 21:06 ] | ● ロンドン 家・家具・家電  | コメント(0) | トラックバック(0)
ロンドンでの家探しと家電や家具のこと
私が今住んでいる家は、イギリスでFlatと呼ばれるアパートの1室。
LBSのAdmitWeekendに参加すべく6月の数日間ロンドンに滞在した際に、
不動産屋さんをいくつか訪ねて選びました。
出発前に不動産屋さんに予めメールでアポをとっておいて物件巡りをしたので、
条件に合うところを事前にピックアップしてくださっていてとてもスムーズでした。
ちなみに、日本のような間取り図は基本ありません。とにかく現物を見て決めます。
決定した家は、ロンドンにある日系の不動産屋さんLONDON-TOKYO PROPERTYさんの物件です。
【ロンドンの日系不動産::ロンドン-東京プロパティーサービス::】http://www.london-tokyo.co.uk/
物件自体の良さももちろんですが、
細かな疑問に答えて頂いたり契約の細かな話をするときであったり、
また、今後のフォローの部分も含めて、
やはり日本語が通じるというのはとても大きなプラスの要素でした。
大家さんはイギリス人ですが、不動産屋さんも太鼓判を押すとても良い方です
イギリスでは古い建物が多く、水周りの設備も日本ほど整っていないので、
住み始めてからトラブルが発生する話を度々耳にします。
なので、大家さんや不動産屋さんとの関係が日本よりもかなり重要なのです。

家電や家具も、トラブルの元となりやすいものの1つ。
ロンドンでは、Furnished=家具付き物件が多数あります。
私の家もFurnishedで、小旅行くらいの荷物があれば暮らしをスタートできました。
付いている備品の例:
◆家電:TV・洗濯機・掃除機・電子レンジ・トースター・湯沸しポット・電話機・アイロン・・・
◆家具:テーブル・ソファ・本棚・勉強机・ベッド(シーツや布団も)・サイドテーブル・クローゼット・・・
◆小物:時計・シャワーカーテン・カーテン・花瓶・鏡・調理器具一式・ゴミ箱・ハンガー・・・

2年とはいえ期間限定の生活なので、とても便利なシステム。
家賃に備品の分まで金額が入っているので、
家電が故障したとき等には大家さん持ちで修理してもらえるはずです。
私もすでに天井や間接照明の電球を替えて頂いたり、
洗濯機が故障し部品を交換して頂いたりしました。
ただ、普通に使っていて壊れたのではなく過失があっての故障の場合はそうもいかないようで、その辺りの交渉がトラブルに発展しがちなようです。
ポイントは、早め(出来れば住み始めてすぐの頃)に不具合を伝えること。
そうすればこちらのせいにはあまりされないようです。
home3
石灰の多いイギリスの水道水をろ過して飲料水にする道具、BRITA ブリタ
これも元々あったもの。

買い足したもので大きいものは、
◇CDラジカセ(私の語学学習用)
◇空気清浄機
◇プリンター
…くらい。
これらは帰国前の売却を目論んでおります。通称“帰国売り”。
または知合いから希望があったらプレゼントを
買い足しは、車が無いので通販サイトArgosで行いました。
【Argos】www.argos.co.uk
わりと安いしサイトもまぁまぁ使いやすいのでオススメです。

そしてそして!!
当然ながら炊飯器は備品に含まれていません。
本日、日本人のとてもご親切なご家族から、使わなくなった海外用炊飯器をお譲り頂きました
日本の炊飯器は、高額で大型の変圧器無しでは使えないことが判明し大変困っていたのです。
お鍋でご飯を炊いていましたが、なかなか難しくて・・・><。。
本当に嬉しいです。ありがとうございました!
今夜、早速炊いてみました。
home1
白米とっっっても美味しかったです!
お米が甘いことを思い出しました
home2
そして野菜もたっぷりなカツ丼。今夜は炊飯器記念に完全な和食。

他にも、こちらではなかなか手に入らない日本ならではのものが多数あります。
まだ全てに気付けていないと思うので、またいつかまとめて書こうと思います。
ざっくり言うと、食材は手に入ります。大きな道具も手に入ります。
和食用の食器類も少し高いですが一応売っています。
ただ、日本のように品質が良く且つお手頃な便利小物がありません
排水溝用ネット・ビニル手袋・輪ゴム・洗濯物干し・文房具・・・
母親に救援物資のお願いをしました笑。大変助かります

ともあれ、
無機質な東京の賃貸部屋と違って、
イギリスのおうちは温かくて可愛らしくて愛嬌があって、
ちょっとくらい不便があっても私は気に入っています
[2010/09/14 23:18 ] | ● ロンドン 家・家具・家電  | コメント(0) | トラックバック(0)
家の中のてんとう虫と蜂。。。百均に想いを馳せる
window1
てんとう虫。

window2
蜂。

ともに、撮影場所は我が家の中。
家の(内側の)壁や窓際で、よくてんとう虫に遭遇します。
ロンドンは都会だけど緑いっぱいの街です。
それに、曇りがちなイメージがありますが、
6~8月は基本的にとっても良い天気
私だって嬉しいんだから、外で生活している彼らが活発になるのも頷けます。

でもなぜ家の中・・・・

そう、イギリスのおうちには網戸がない!!
換気しようと窓を開けると、もう家の中も外も変わりません。
鳥が入ってきたらどうしよう。。と心配でなりません。

現地の人々は、どうしているんだろう?

window3
我が家の窓の一つ。横ではなく縦にスライドします。

ちなみに、虫も嫌だし万が一鳥が・・・と思って最近はほぼ窓を開けません。
それでもてんとう虫と蜂は入ってきます。
どうやら、この上の窓と下の窓の間にほんの少し隙間があるようです。
日本じゃ業者にクレームですよね。
でもここはロンドン。

日本の百均で大型洗濯物用の洗濯ネットを買ったら即席網戸が作れるな~
とか、
日本の百均で虫取り用の網を買って工作したらまさしく即席網戸~
とか、
実家の近所の百均に想いを馳せているスミレミ*です。
[2010/08/31 17:10 ] | ● ロンドン 家・家具・家電  | コメント(4) | トラックバック(0)


<<前のページ | ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。