スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
独学で初めての編み物に挑戦!
ブログ名に掲げているのにこれまであまり「ちくちく」に触れず、
しかも浮気をしてしまいました。すみません。

編み物

きっかけは2つ。
・夏の青空の下、Regent's Parkの芝の上で編み物をする貴婦人を目撃。
・秋のロンドン市内、とっても可愛い手作りニット帽を被った赤ちゃんを目撃。

→ これ、私もやりたい!!!

というわけで早速、毛糸・棒針・編み物の初心者用の本を買ってきました。

firsttimeknitting1
水洗いが出来る赤ちゃん用の毛糸男女どちらでもいける色を選択☆

何の知識もないところに、英語での解説。
なるべく写真の多い本を選んだのですが、それでも解読困難。。
とくに、2段目に移る部分。
1段目の巻きついた1本ともう1本の棒針が、ここからどう関わっていくの?!
という謎に対してノーアイディアとなりました。多分日本語でも文字だけじゃ無理。。

いや~インターネットって本当に便利ですね。
編み方を丁寧に解説してくれる素敵な動画を見付け、すぐ解決。
「この本に負けるもんか・・・!」なんて意地張らずすぐ調べれば良かった^^;

firsttimeknitting2
処女作の製作途中。
編み目の風合いが、途中でがらっと変わっていますよね、

firsttimeknitting3
ここ(赤いライン)で革命が起きたのです!笑

振り返ると、ライン下の状況で構わず編み進めていた自分が怖いです><
見てもらえる人がいたらもっとスムーズだったんでしょうけれど、
「なんか変」と自分で気付いて間違いの元を見付けて、
「こうしたら正解かも」と仮説を立てて修正していくという独学スタイルが、
冒険をしているようでかなり楽しいんですw

せっかくの軌跡なので、terribleな編み目もこのまま残そうと思います。
きっと温かさは変わらない!見た目は上手くごまかすからね~>赤ちゃんw
処女作、完成したらまたブログに載せたいなと思います。

数十年後に「おばあちゃん上手ー!」って言ってもらえたらイイな♪
"継続は力なり"と信じて・・・
[2010/12/15 23:42 ] | ● ちくちく ハンドメイド  | コメント(0) | トラックバック(0)
手作りリングピローを赤ちゃんのファーストピローに
結婚準備と渡英準備とが重なり、かなり忙しかった結婚式前。
それでも、リングピローは手作りに拘りました。

だって、
未来の赤ちゃんのファーストピローをどーーーーしても作ってあげたかったから。

ringpillow1

結婚式でいっぱい祝福を浴びたリングピローをファーストピローにすると、
その赤ちゃんはずっと幸せでいられる
という言い伝え。
とっても素敵だし、本当にご利益がある気がする

なので、最近は凝ったデザインのリングピローが色々とありますが、
私は枕として一番使えそうなタイプの手作りキットを選びました。
(さすがにデザインするところからは作っていられなかった><)

ロンドンにもちゃんと持ってきています☆いつでも使えます☆w
義母が素晴らしいケースをご用意くださって、
防虫剤とともにきちんと収められています。
[2010/12/11 20:13 ] | ● ちくちく ハンドメイド  | コメント(0) | トラックバック(0)
あやとり
毛糸。
あやとり。
橋。

ayatori

究極の暇つぶし。

家にいて、どうしようもなくヒマ!というときありませんか?
疲れていて動く気にも頭を使う気にもならないし、、
ロンドンのテレビはつまらないし、、
パソコンも良いけど電子機器からちょっと離れたい、、

そんなとき、あやとりがマイブームです。

材料は毛糸1本のみ。
端と端を結んだら、もう準備完了です!

でも、私は作り方をすっかり忘れていました。
小さい頃は色々作れたんだけどなぁ~
ぱったんほうきとか橋とか東京タワーとか。

こういうときの強い味方、インターネット(結局パソコンを使うw)。
図だけでなく動画で作り方を説明しているサイトもあります。
真似しながら作ってみると、過去の記憶を手が思い出してきました!

楽しいw
久々のあやとり、なかなか良いですよ
[2010/10/09 20:08 ] | ● ちくちく ハンドメイド  | コメント(2) | トラックバック(0)
ちくちく手作りケーキ型絵本
昨日の日記で大学時代の図書の“形”に関する授業について触れたのですが、
その授業の最終課題「手作りの図書」で私が提出したものの写真をいくつかのっけたいと思います。
手作り絵本のタイトルは『HAPPY BIRTHDAY to ビー』。
(ビーズのビー君という分かりやすい命名w)

mushamusha1
まずはケーキの箱を開けるところから。ケース入の図書なのですw

mushamusha2
中にはホールケーキ型の図書。ケーキの上面が表紙。

mushamusha3
箱から出して、さぁ食べ始めましょう♪

mushamusha4
スポンジとクリームの層が、ページになっています。

mushamusha5
ちなみに黄緑色のビーズがビー君。

mushamusha6
各ページに飛び出す絵本の基礎的な技術を散りばめて。

この課題ほどやっていて楽しかったものはありません
試験期間で時間のないときとはいえ、これだけは妥協しませんでした
たとえ他の試験の点数が少しくらい下がろうとも!笑
完全に自己満ではありますがとても気に入ったこの絵本、
先生今でもとっておいてくれてるかな・・・(遠い目)

ちなみに、他の学生も、
癒しの香り付きの枕型図書(寝る前の読書に最適!)・めちゃくちゃ小さい豆本・
宅配ダンボールの形のままの持ち運ぶ取っ手のついた大型図書(手抜きという噂も?!笑)等、
とてもアイディアいっぱいの手作りの図書を持ち寄っていました。

うーん、懐かしい!
[2010/09/05 18:22 ] | ● ちくちく ハンドメイド  | コメント(5) | トラックバック(0)
ちくちくとの馴れ初め
まず初めに、ちくちくとの馴れ初めを。

ちくちくとの出会いは、小学校2年生のとき。
母に教えてもらったのがきっかけです。
とっても楽しくて、時間を忘れてちくちくしていました。

そして小学校3年生のときに学校の手芸クラブに入ります。
仲の良い友達がみーんなフラワーアレンジメントクラブやバレーボールクラブ等別のクラブに入る中、
よく1人で入ったなぁと思います。

振り返ると、運命を感じちゃいますね!

昔も今も1人でも楽しめちゃうタイプではありますがw

そして、小学校時代に作った作品の一部がこちら。

フェルト作品@小学校時代

なぜ一部かというと、よく友達や家族にプレゼントしていたからです。

ちくちくの時間も、出来上がったあとの満足感や周囲の反応も、
どちらも素敵な気持ちなのでかれこれ15年も続けているのだと思います。

そしてこれからも。

テーマ:ハンドメイド - ジャンル:趣味・実用

[2010/04/13 03:20 ] | ● ちくちく ハンドメイド  | コメント(0) | トラックバック(0)


<<前のページ | ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。